<< 野伏ケ岳 “帰ってからのお楽しみ” なまら北海道(3) >>
野伏ケ岳
がおろさんのお誘いで岐阜大学チームと野伏ケ岳に行ってきました。
登りはダイレクト尾根、下りは北東尾根を滑りました。


4月4日(日) 晴れ時々曇り
メンバー 岐阜大学チーム3名とわし


バックに野伏ケ岳、右に落ちる稜線の尾根が今日滑った北東尾根。
がおろさんが頭に巻いた南極でもらってきた手拭いにはさらしの地に“自己責任”と染めてありました。
a0133014_20574848.jpg


名古屋大学山岳部OBのK先生、
何年振りかで使う年代物のシールの調子が悪く、途中で板をザックにくくり付けてツボ足登高。
a0133014_2162756.jpg


何日か前の黄砂が乗った雪面。疎らに生える潅木の間を思うままに滑る。
a0133014_21292767.jpg
a0133014_21493261.jpg
a0133014_21495225.jpg


「もう終わっちゃった!」山頂から北東尾根末端まで15分足らず。
a0133014_21375769.jpg


和田山の牧場跡で暫し寛ぎの時間。
a0133014_21404252.jpg

牧場跡をあとに消化試合のような長い林道ダウンヒルをこなして中居神社へ戻る。
山も芽吹いてすっかり春になった石徹白を満喫した一日でした。

中居神社7:40 ダイレクト尾根取り付き9:40 頂上11:55~12:20 牧場跡12:40 中居神社13:40
[PR]
by faggio | 2010-04-04 22:06 | Comments(2)
Commented by s_space_s at 2010-04-05 08:07
野伏はすっきり登れて斜面も快適でよいところですね。
またお願いします。
何枚か写真あるので送ります。
Commented by faggio at 2010-04-06 07:19
ポピュラーなコースはやはりいいですね。
あっさり終わっちゃったかんじでした。
こちらこそお願いします。
<< 野伏ケ岳 “帰ってからのお楽しみ” なまら北海道(3) >>