<< きたない足でごめんなさい 謹賀新年 >>
槍ヶ岳飛騨沢スキー合宿
12月29,30日で「おやじまったり登山隊」のK先生とNさん、「岐阜テレマーク倶楽部」のがおろさんにわしの編成隊4人で槍ヶ岳の飛騨沢を滑ってきました。というはずでしたが実は・・・・、

スキーの金具破損により槍平の冬期小屋に泊まって往復しただけに終わりました。

2日目の朝、いざ飛騨沢へ向かわんと小屋を出てスキーをはこうとした時、わしのビンディングのヒールレバーから部品の欠片がポロっと落ちるではないか。何もこんな時に壊れなくてもいいのに。これでジ・エンド。
今回のハイライト、飛騨沢の新雪滑降はおあずけ、まぼろしになったという訳です。

詳細はがおろさんのブログ、年末の飛騨沢 をご覧になってください。


5年目のプラスティックの経年劣化か(G3タルガアセント)
a0133014_948383.jpg


直せるかどうかわからないのにメンバー3人に待ってもらうのも申し訳ないので先に出てもらいました。

1人残って何もすることもなく写真を撮ったり、ビンディングを直したり、下りてくるメンバーに水を汲みに出たり。
また小屋に入ってマットの上に寝ころがっても寒くて眠れなかった。(この朝の気温マイナス15度)


この頃には晴れ間が覗いて滝谷のドームや北穂が顔を見せてくれた。
a0133014_10105524.jpg


ビンディングもなんとかなりそうだったので1人で滑って下りることにした。薄明るい陽が小さな窓から入る小屋でパッキングを済ませ槍平をあとにした。
a0133014_1039295.jpg


がおろさんはマイナス20度の凍える気温の中、2940mあたりまで上がったということだ。
a0133014_10555925.jpg

チョーかっこええわ~。わしもこれがやりたかった。
a0133014_104474.jpg


槍平からは1人でのんびりと景色を楽しみながら白出沢の出合いまでシールで滑り、林道のラッセル跡をスキーを滑らせて早い時間に新穂高へ下りて来た。

メンバーを待つ間は時間をもてあまし、車に積もった雪を払い(あとで人の車と間違えていたことがわかった)、スキーを置いてからホテル穂高のロビーで3人の帰りを待った。
暖炉の前の椅子に腰かけてブーツのバックルを緩め、凍ってバリバリになった手袋を外してコーヒーをすすりながら一息つくと、冷たくてこわばっていた指先にも血が通いだして、山には追い返されたけどこの2日間をふり返って満足したほっとした気分になった。

飛騨沢の新雪滑降はできなかったけれど、今度の機会まで温めて取っておくのもまた楽しみや憧れが1つ増えたというもんだ。
[PR]
by faggio | 2012-01-02 21:57 | Comments(2)
Commented by s_space_s at 2012-01-04 08:26
飛騨沢は残念でしたね。
ここは年末恒例行事にしたいと思っていますので、またお願いします。
Commented by faggio at 2012-01-06 22:00
恒例行事いいですね。
正月過ぎから今度は風邪で参っています。
体調管理とトレーニング、頭に入れときます。
今年はステップ板でもまたおつき合いください。
<< きたない足でごめんなさい 謹賀新年 >>