<< 奥美濃コレクション The B... 「マリー・ローランサンとその時... >>
禿山谷から伊吹山北尾根、国見岳
旧春日村を粕川沿いに車を走らせると役場を過ぎたあたりから正面にドーンと、ひときわ目立つ真白い急な斜面が見えてくる。以前から気になっていたこの谷を今回がおろさんと2人で滑ってくることができました。広大斜面と素晴らしい景色が楽しめるこのコース、近場のこの辺りでは出色のコースだと思いました。

がおろさんのblog  “The Bald Head”

ここのところの降雪と、ほぼ無木立に見える急斜面に、2人とも出掛ける前は「気持ちわりー。」と言っていましたが、案ずるより産むが易し。禿山谷をつめて伊吹山北尾根に乗り、あとは稜線漫歩で国見岳にも寄ってきました。


狭い谷を抜けると目の前に広大斜面が広がる。
a0133014_5163549.jpg

a0133014_225553.jpg

登路の小尾根から見たハゲ山へ続く伊吹山北尾根。雲間から時々光が射して美しい雪尾根の風景。
a0133014_21582568.jpg

雪庇を崩して尾根に上がり国見岳へ向かう。
a0133014_5164451.jpg

まだ新しいスノーシューのトレースが国見峠から伊吹山方面へ続いていた。国見岳へ近づくと峠の向こうのスキー場から派手な音楽が聞こえてきた。

シールを剥がして、凍った金具(G3タルガアセント)を日光に当てながら短い休憩。氷が融けて使えるようになるのを待って下山した。

a0133014_6482620.jpg


ウホウホ新雪滑降。午後は雪が少し腐ってきた。
a0133014_5165671.jpg

冗談とばしながら車まで滑って終了。バンザーイ。この山も終わってみればスッキリうまくまとめることができました。
車に戻ったのが14時少しすぎ。こんなに早いとまだ一仕事できそうだと、行かんでもいいのに帰りに職場に寄る。
山で目一杯遊んでも、これでは休日に気分転換したことにははならんか。

六社神社 8:00  国見岳 12:00~12:20  六社神社  14:10
[PR]
by faggio | 2012-02-06 06:05 | Comments(0)
<< 奥美濃コレクション The B... 「マリー・ローランサンとその時... >>