<< 白山南北スキー縦走 雨後の富士山 >>
御嶽山 摩利支天山 2959.5m
濁河から飛騨小坂へ下る途中より御嶽遠望
中央の右上する尾根が摩利支天山に続く北西尾根
a0133014_22215577.jpg

初めてご一緒させていただいたマツバラ氏が5年も前から温めていたというのが今回の摩利支天北西尾根ルート。取り付きからの原生林と森林限界を越えてからの草木谷源頭の広大斜面、そして摩利支天の頂へと続く雪の尾根と岩稜が印象的な素晴らしいコースでした。

2017年4月2(日) 快晴
メンバー : マツバラ氏、がおろ氏、わし
ルート : 濁河温泉~北西尾根~摩利支天山往復

雰囲気の良い原生林の中を登行する。
a0133014_14423822.jpg

森林限界を越えると素晴らしい絶景
a0133014_14432135.jpg

尾根の途中より左の斜面にルートをとる。
a0133014_14425871.jpg

草木谷右俣源頭、遠くに乗鞍岳
a0133014_14433367.jpg

摩利支天の岩稜が始まる手前でスキーをデポ。ここからアイゼン、ピッケルに替える。
a0133014_14435126.jpg

岩稜帯の下を巻いて行く
a0133014_1444739.jpg

雪壁を越えて
a0133014_14442118.jpg

まっちゃん
a0133014_14443766.jpg

わし
a0133014_14445089.jpg

そして摩利支天山
a0133014_1445526.jpg

草木谷右俣源頭にテレマークのシュプールを刻んだ(のはガオロ氏)
a0133014_14451895.jpg

わしはどこかが狂っていてスキーにならず。
a0133014_14453819.jpg

a0133014_14455313.jpg

a0133014_1446790.jpg

スキーに興味のないマツバラ氏は下りもなんとシールを取らずに下っていかれた。こんな人は初めてでびっくりしました。わしの下手なスキーより十分早く下っていかれた。
a0133014_21105833.jpg

今思い出しても夢のような気がします。わしら三人は確かに濁河温泉から摩利支天山の北西尾根をスキーで辿り、御嶽の摩利支天山の絶頂を往復したのに、まだ今も遠い夢だったように思えます。久しぶりの印象的で充実の一日でした。

がおろさんの記録
マツバラさんのヤマレコ
[PR]
by faggio | 2017-04-05 22:30 | Comments(0)
<< 白山南北スキー縦走 雨後の富士山 >>