<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
開田高原マイア
先週の木曜日、先シーズンの終わりに行った時にもらえたリフト無料券を使ってマイアスキー場へ行ってきました。ゲレンデはガラガラ、天気はポカポカ。気持ちいかったです。

a0133014_20113086.jpg

スッテップソールと普通の板の2台を持っていって乗り比べてきました。
キャンバーが強くフレックスも硬めのステップ板(175cm99/68/84)はしっかり板に乗っていないとうまく回ってくれませんが少しサイドカーブがついているのでカービングターンもそこそこできました。ずらして滑ってみたり、スラロームのストレートのポールがセットしてあったのでステップ板でくぐったりしました。
もう1台はアトミック(170cm106/72/97.5)、一応カービングスキー。センター72mmは今では細板の部類?
ステップ板から乗り換えるとよく滑ってよく切れる。スラロームではテンポを速くして滑らないと遅れてコースアウトしてしまいました。
どっちも楽しいですがステップ板の良さはやはり軽さ、普通板のアトミックは切れの良さ。それぞれ板の良さが感じれました。

もう一つはチリのバネの固さを変えて滑ってみました。最ユルだと、特に急斜面では膝を板に打ちつけたり板が左右にぶれたりしましたが、そこからもう少し強くしたところがちょうどいい感じに思えました。強く締めすぎると踵が引っ張られる感じでステップ板には合わないように思いました。
初歩的な知識かもしれませんが、チリのようなむき出しのバネとカートリッジ式のバネとでは何か構造上の違いがあるのでしょうか。詳しい方がおみえになりましたら教えてください。

昼からは雪が腐ってきてベントが強いステップ板はトップが引っかかりだしたので早めに切り上げました。帰りは日和田回りで41号で帰りました。

帰り道、道草して高根村の超秘湯、塩沢温泉湯元山荘に寄りました。
ストックと、タオルは首に巻きつけ雪の坂道をラッセルすると川向うに建物が見えてきます。
a0133014_2374726.jpg

雪が詰まったやばい木製の橋をそろそろ渡り、屋根からのデブリの雪壁を乗越して岩風呂へ下り、薄いエメラルド色の濁ったお湯を見て手を入れただけで入るのはやめにしました。( 夏の時期はなかなかいいです。 緑色は微生物の作用でしょうか?)塩沢川の沢登りも夏にやってみたいと思いました。
a0133014_23442671.jpg

小腹が空いて寄った41号から折れる金山線のヤマザキデイリーストアで食べた肉まん、うまかったっす。
[PR]
by faggio | 2012-03-31 23:44 | Comments(0)
午前中は医者をはしご
今日は車がないので健康診断の結果を聞きに自転車で内科のクリニックへ行く。

客が少なかったようでオシ〇コの切れが悪くなった話をすると加齢による疾患の話になる。
ついでに最近気が付いた黒目の上の三日月形の白濁を診せるとすぐ眼科へ行けと言う。
(内科的には問題なし。)

心配になって今度は10分先にある眼科へ行く。

看護婦さんにいろいろ検査をしてもらってから先生にわしの目を覗いて診てもらうと「老人環」という症状らしい。
ピント機能の点眼をもらって老眼鏡を作ったほうがいいとも言われ、雨の中しょんぼりペダルを漕いで家へ帰る。

加齢によって体が衰える分、知識や知性が豊かになればバランスがちょうどうまくとれると思うのですが、なかなか頭の方は追いついていきません。

龍安寺の「吾唯知足」のつくばいをまた今度見に行こうと思いました。
[PR]
by faggio | 2012-03-28 23:39 | Comments(0)
プトロレックを購入
調子の悪いスントに代わって型落ちのプロトレックを買いました。分厚くて大きい以外は今のモデルとだいたい同じでいいのですが、機能が多いのでただ今取説と格闘中です。当分の間は続きそうです。

a0133014_23564725.jpg

わしのような感覚人間が触ってもすぐに直感で使えたらありがたいなあとこういうデジ物をさわるといつも思います。
[PR]
by faggio | 2012-03-22 00:11 | Comments(0)
ステップソールでホハレ峠とトガス東斜面
6年前の3月に一度行ったことがある、ホハレ峠からトガスのコースをステップソールで歩いてきました。前回は小雪が降る天候でしたが、トガスの東面の印象が良かったので再訪しました。

2006年3月の記録  がおろ亭 ホハレ峠~トガス

前回のトガス東面の様子。アルペン板で滑っています。
a0133014_14252536.jpg


3月15日(木) 小雪のち快晴 メンバー:わしだけ
夜叉龍神社P 8:30 ホハレ峠 11:30 トガス東斜面 12:30~14:30 ホハレ峠14:20 夜叉龍神社P 17:10

朝起きると生憎の雨、ダメモトで家を出る。坂内村へ入るとみぞれから雪に変わった。セメント工場の手前の夜叉龍神社Pに駐車をさせてもらい小雪の中を出発。橋を渡って浅又川の林道に入るとすぐにスキーが使えた。

歩き出すとすぐに雲が途切れて空が見えだした。これは幸先宜しいと思っていたら後ろから除雪のブルドーザーが唸りを上げてこっちへ向かって来る。追いつかれてはたまらんと必死で歩いた。
砂防堰堤まで来てなんとかブルを振り切る。(堰堤まではちょくちょく除雪がされているようです。)

ブルと別れ静かになったところでゆっくりする。スコップで穴を掘って野生の呼びかけにも応えて身を軽くした。
a0133014_15371254.jpg

ホハレ林道は前回に比べて雪がだいぶん多い。後ろにトガス。
a0133014_1644921.jpg

林道を回りこんだ先で尾根には上がらず、ゆっくりペースで歩き旧ホハレ峠着。お地蔵さんは雪の下。
a0133014_1692829.jpg

黒谷の道はしっかり雪で埋まっていました。
a0133014_23121725.jpg
去年の秋のホハレ峠

右手に蕎麦粒山を見ながら烏帽子へ向かう林道を行く。
左の傾斜が緩くなったあたりがトガスの東斜面。ステップソールにいい傾斜が黒谷の方に向かって続く。
a0133014_2356862.jpg

a0133014_071369.jpg

トガス北面の雪壁になった烏帽子林道トラバース。風が吹くと雪煙が頬を叩いてこりゃたまらん。雪壁の林道はこの先も延々続いていたのでここで引き返す。
a0133014_040732.jpg

トガスに登るのもやめて(気がないので)、緩い斜面をウロコ板でスタスタ登っては滑ってを繰り返しました。
a0133014_0525674.jpg

a0133014_053833.jpg

a0133014_0531976.jpg

2時間そこそこのリッチな時間は本当にあっという間。
a0133014_131587.jpg

最後はおまけの林道ショートカットで締めました。
a0133014_192416.jpg

西日が陰りかけた浅又川の林道をちんたら歩いて川上の出合いに戻る。
a0133014_1272079.jpg

川上の橋のたもとでゴミ捨てに来たこのへんの鉄砲打ちというおっさんに会って話をしました。
今日の一日のことを話すと 「あんたはエライ!」 ( by 小松政夫 )、と褒められました。
[PR]
by faggio | 2012-03-19 02:47 | Comments(0)
千代菊 織部乃里
a0133014_20223098.jpg
a0133014_20223565.jpg

羽島の千代菊が本巣市文殊のぎふクリーン農業認定「ハツシモ」で造ったお酒。
本巣の知人に頂きました。

さて美味いかどうか?はじめて飲むお酒は封を切る時がいいですね。
[PR]
by faggio | 2012-03-08 20:51 | Comments(0)