<   2013年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧
石徹白から尾上郷川別山谷を滑る
2006年の春、宇宙のSさんと一緒にブナゴヤ谷の源頭部をちらっと滑ったことがあります。 (宇宙のSさんの記録)
この谷は緩い斜面にブナの原生林の残る広く明るい谷だった憶えがありますが、またいつかこの谷の先をもっと奥まで滑ってみたいと思っていました。
この日、石徹白からの大杉林道には全く雪がなく心配しましたが、谷は北面のためか、まだたっぷりと雪が残り、前日にも10cmほどの降雪があったようで、斜面を選んではステップ板で登り返して、滑りも十分に楽しめました。
(尾上郷川別山谷 ブナゴヤ谷)


4月22日(月) 晴れのち小雪
メンバー : わしだけ

MAP
a0133014_1845581.jpg


白山中居神社に車を置かせてもらい愛車に跨り出発。大杉林道の入口には重機が鎮座しており通行止めでした。前回ここの林道歩きで泣かされたので今回は自転車を持って行きましたが、これが大当たり!

途中、凍った路面にハンドルを取られ一度コケるも、チンタラ漕いで登山口に到着。ここまで林道に全く雪は無し。
a0133014_19262052.jpg

大杉を過ぎて尾根に上がると、去年何度も歩いた笠羽谷や願教寺谷、石徹白をめぐる山々が見えてきます。
a0133014_20222526.jpg

なかなか雪が繋がらずツボ足登行。
a0133014_20571944.jpg

南に野伏、小白山
a0133014_20595779.jpg

ツボ足からステップ板に替えたのは1450mの斜度が緩んだプラトーからでした。
a0133014_21241349.jpg

神鳩の宮非難小屋、ここまで来ると以外に雪が多い。
a0133014_21312327.jpg

小屋からすぐの尾根に上がると別山谷が一望でき、谷の向うは別山と南白山。
a0133014_21372337.jpg

雪がちらつく中、ブナゴヤ谷に入る。ブナ林の間ををぬって滑る。
a0133014_2247652.jpg

谷にはブナの他にシラビソ、ダケカンバが混じる。
a0133014_22585740.jpg

所々谷が割れて口をあける。
a0133014_2140529.jpg

陽が射してきた。
どんどん滑って谷を下る。テレマークが気持ちええ。
a0133014_22591722.jpg

1400mあたりの谷が狭まった所で右岸の壁から落ちたデブリが谷を埋めていました。
a0133014_2204335.jpg

a0133014_221570.jpg
左に逃げて少し下り、下流を見ると谷が割れており今日はここまでとする。(1370m)

母御石への尾根もきれいなブナの森が続いており、そちらへも行ってみたかったのですが、ブナゴヤ谷の斜面をもう少し滑ってみたかったのでまた谷を登り返しました。

ここは天国や~。景色をゆっくり楽しんだ。
a0133014_2242433.jpg

特に素晴らしかったのは谷の源頭右岸のブナ原生林、樹間が広く開いて明るく気持ちがいい。ここだけでも見に来る価値がありそう。登り返して結局ここで3本滑る。
a0133014_225590.jpg

むこうに銚子ヶ峰
a0133014_2253041.jpg

登り返してはまた滑る。
a0133014_2254584.jpg

3時近くまで滑り、神鳩非難小屋でゆっくりしてから、グサグサの雪になった尾根を根性で1200mくらいまで滑って大杉登山口へ戻る。

帰りの林道は自転車流して楽勝で石徹白へ戻りました。大満足の一日、充実した~。
a0133014_02635100.jpg

中居神社 5:20  神鳩非難小屋 10:10  谷折り返し 12:00  神鳩非難小屋15:30  中居神社 18:00
[PR]
by faggio | 2013-04-26 00:35 | Comments(0)
再訪 別山谷
a0133014_8334843.jpg


a0133014_8275051.jpg


a0133014_11264415.jpg


a0133014_8281798.jpg


a0133014_828530.jpg


a0133014_8283159.jpg
つづく、
[PR]
by faggio | 2013-04-24 08:34 | Comments(0)
当たった
これまでクジに当たったといえば、小学校の時近所の商店街のガラガラのクジで当たったブリキの衣装箱、大きなガンガン抱えて家に帰った。中学の時に母親が貰ってきた資生堂の応募ハガキで当たった渡辺貞夫のレコード。高校の時はRCサクセションの愛知県体育館のコンサート。その頃のわしにはとても刺激的なコンサートでした。
a0133014_22295763.jpg

そして今回はドイツロマンチック街道!ではなく五千円の商品券。いつもは調べもせずにゴミ箱へ直行のところでしたが、一応見といてよかった。
[PR]
by faggio | 2013-04-18 23:23 | Comments(0)
あ~りがとう~
潮干狩りのおすそ分けで粒のそろった大きなアサリをいただいたきました。

きょうのお昼は、「春キャベツとアサリのワイン蒸し」

a0133014_18504424.jpg
最後は濃厚出汁にご飯を投入、リゾット風にチーズをかけて、まいう~。

今週はじめは一斗缶いっぱいの殻つき牡蠣のパーティーにおよばれ。
山菜の天ぷらなどなど、かみさんもわしも大満足。

お世話になっていつもほんとに ' あ~りがとう~ ’
[PR]
by faggio | 2013-04-13 21:19 | Comments(0)
老眼
視力検査を受けました。

a0133014_18145699.jpg
視力は昔から良いほうですが、、、

「白い線のところに立って左目をかくしてください。」
「目はいいほうですか?」  「はい。」

表のまん中あたりを棒で指して、「これは?」
「す」

少し遊んでみたくなり、次の字から一番下まで一気に言いました。
「へ ち け ・・・」

看護婦さん、ちょっと変な顔。

左目は初めから一番下の字を指され、
「り」
今度は一文字で済みました。

「はい、両目とも2.0」

遠くは見えますが、最近困ったことに近くがボヤけて見えにくくなりました。
一番困るのは山で地図がボヤけて見えないとき。

近眼の人が老眼になるとどうなるのでしょうか?
[PR]
by faggio | 2013-04-11 21:08 | Comments(2)
'rise’
Herb Alpert





懐かしや~。


[PR]
by faggio | 2013-04-06 01:15 | Comments(0)
まほろば倶楽部
少し前になりますが、まほろば倶楽部の石木田さんのテレマーク講習に行ってきました。

講習のお題はショートターン。座学1時間のあとゲレンデに出る前に勧められたのはクロカン金具の付いたステップソールの細板とブーツ。感覚が分かりやすいからということでした。貧弱な道具で滑ってみるのもテレマークだと思い借りてみることにしました。

今年の営業が終わった白馬みねかたスキー場
a0133014_18191790.jpg

石木田氏といえばテレマークの世界では少し毛並みの違った方、独特の教え方をする方という印象を持っていました。そのことについて聞いてみると、‘自分対、他全部の人’ ‘自分はB型だからね’と自ら言ってみえました。

異端なのかマトモなのかはどっちでもいいことですが、氏の持論がどんどんと展開していくのが聞いていて非常に面白かったです。初めて聞く内容ばかりだったのでわしには非常に難解でしたが新鮮に感じました。

難解というのは、わしが質問攻めをしたからで、石木田さんは「混乱するからこれ以上聞かない方がいい。」と言われましたが、それでもあれこれ聞きたいのがわしの癖。講習後の雑談の時には「色々頭に詰め込ませすぎちゃってすみませんでした」とも。

石木田さんの強い個性と、どこか宗教のようにも感じられる独特のヒールフリーの世界は石木田ワールドと呼んでもいい感じで、信者が多いのも頷けます。時間があったので講習内容を思い出しながら下道を走って帰りました。
[PR]
by faggio | 2013-04-03 23:43 | Comments(2)