蠅帽子峠 蠅帽子川 蠅帽子嶺
山と渓谷社から出ている分県登山ガイドの「岐阜県の山」の改訂版の取材の同行をがおろさんから頼まれ、文中の写真のモデルも一緒に頼まれ、美越国境の蠅帽子峠と蠅帽子嶺に登ってきました。しかし、わしともう一人同行のTsutomuさんが写真のモデルに耐えうるのかどうなのかはビミョウであった。ザックにヘルメットをぶら下げ、汚れた格好をして、どう見ても普通の登山者ではなかったからである。
蠅帽子峠は美越国境の温見峠から東の峰続きにあり、水戸天狗党が越えたかつての官道であったそうな。そんな歴史もあり往復するだけでも面白そうではあるが、わしらは越前側へ完全峠越えをして蠅帽子川まで下り、今度は蠅帽子川を沢登りで蠅帽子嶺に立ち、再び美濃側へ下ってくるというルートをとりました。
心配したのは、峠からむこうの越前側の道ですが、薮漕ぎを覚悟していましたが、それも杞憂に終わり、所々木枝が被ってはいるものの、美濃側と遜色ない道が残っていました。

2016年9月25日(日) 曇りのち晴れ
メンバー:がおろさん、Tsutomuさん、わし (岐阜テレマーク倶楽部)

朝イチ、蠅帽子への道はまず根尾川の渡渉から
台風あとで水量多い。一番で渡ったわしは流れの早い浅い所を渡って流されそうになってびびる。帰りの渡渉のことを思うとたまに憂鬱な気分になった。
a0133014_2020368.jpg

渡渉のあとは急傾斜にジグザグのきってある道を登る。葉っぱに乗った前日の雨でびしょ濡れになる。
a0133014_20205665.jpg

洞ミズナラと何度もここを歩いているTsutomuさん
a0133014_20211675.jpg

勾配がなくなってからの尾根は親ブナ、子ブナのみごとなブナの原生林がありました。
a0133014_2021273.jpg

根上がりのヒノキ
a0133014_20213748.jpg

蠅帽子峠のお地蔵様
a0133014_20215145.jpg

蠅帽子峠でヘンなおじさん
a0133014_20223078.jpg

峠からの越前側の道
下草もなく大幅に時間短縮できた。
a0133014_202371.jpg

蠅帽子川までの下りは40分くらい。川沿いに古い登山道の標識。
a0133014_20232130.jpg

蠅帽子川東カスミ谷
a0133014_20233371.jpg

傾斜が増すと滝の連続
a0133014_2024640.jpg

マムシ君とお見合い
a0133014_20241728.jpg

連瀑
a0133014_20243065.jpg

連瀑劇場
a0133014_202459100.jpg

水流が涸れてからヤブの斜面を登って蠅帽子嶺の西の登山道に出る。

蠅帽子嶺着
ここから見る能郷白山は奥美濃の盟主にしては隣の山とあんまり代わり映えしなかった。峠へ戻り美濃側へ下りました。
a0133014_20251275.jpg

帰りの根尾川西谷川の流れ
a0133014_20253385.jpg

参考 : 蠅帽子峠 地図


[PR]
# by faggio | 2016-09-27 23:59 | Comments(0)
風が歌う
Santana - Song of the wind






[PR]
# by faggio | 2016-09-20 02:05 | Comments(0)
尾上郷川ブナゴヤ谷左俣 夏の源流キャンプ
お盆の8/14,15とがおろさんと夏の源流キャンプに行ってきました。石徹白から入ってブナゴヤ谷の左俣を別山谷へ下り、翌日は右俣を登る予定でしたが、2日目は朝から雨降り。右俣へは行かず、大人しく1日目に下った沢を引き返しました。

がおろさんの記録

ブナゴヤ谷右俣、左俣の出合いの滝
a0133014_12161649.jpg

ここのイワナはどれもスマート
a0133014_12162731.jpg

なぜか二人とも酒類が2日分あって気分よく飲み過ぎてしまうが(いつものことです)、明日は左俣出合いの滝をどう越えるのかが気になってしまう。
a0133014_12163875.jpg

翌日は思ったより早く雨が降り始める。
右俣は諦め昨日のルートを戻りました。

雨の別山谷
a0133014_12164628.jpg

本降りの雨になり、来る時は一条だったはずの大滝も帰りは二条の滝になっていました。
a0133014_1216552.jpg
尾上郷川のこと --昭和初期と平成の谷--

ブナゴヤ谷を下って別山谷までいつか行ってみたいと思っていました。右俣に登れなかったのは残念。追い返されたのかも。右俣出合の滝を越えた先がどうなっているのかが今も気になります。こんな宿題のできた源流キャンプもたまにはいいかもと思って帰りました。


[PR]
# by faggio | 2016-08-29 19:58 | Comments(0)
うつろ谷
うつろ谷に行きませんかとしばらくぶりのtutomuさんから沢のお誘いがありました。

北陸の谷にこれまでそれほど興味はなかったのですが、うつろと聞いてカーリー・サイモンのYou`re So Vain (うつろな愛)という昔の歌を思い出しました。



虚ろ、空ろ、洞ろ、移ろう?
谷の名前なのですが、うつろという変わった名前が引っかかったのでした。

Tutomuさんの記録 ウツロ谷 


[PR]
# by faggio | 2016-07-13 22:37 | Comments(0)
瓢ヶ岳 粥川本流~左俣
5月末から6月初めにかけて腸閉塞で入院していたこともあって、ここのところ体を動かしておらず、山は5月初めの鳥海山、月山スキーに行って以来久しぶりだったので少し気おくれしましたが、折角お誘いをいただいたので今季初めての沢登りに行ってきました。

2016年6月26日(日) 曇りのち小雨のち晴れ
メンバー:がおろさん、はなえさん、わし
ルート: 粥川谷左俣~瓢ヶ岳~登山道

沢の水量は多め、ゴルジュ帯は見応えがあり楽しく登れました。初めてご一緒したはなえさんは沢デビューだったのですが、いけいけドンドンの怖いもん知らずの彼女は終始フルパワーでずっと圧倒されっぱなしでした。

右俣出合からすぐ奥の大滝 25m
a0133014_22192687.jpg

本流に戻りネジレ滝
降雨後で沢の勢いがいい
a0133014_22193250.jpg

ここは高巻く
a0133014_22193912.jpg

上には登山道が通っていました。
a0133014_22194792.jpg

今回ここだけロープを出しました。
a0133014_22195424.jpg

はなえさん、初へつり
a0133014_2220123.jpg

林道の下の水路をくぐります。興ざめですが粥川はあちこち林道が奥まで入っていました。
a0133014_2220843.jpg

後半は沢の雰囲気も落ち着いてくるが小滝はまだ次々に現れる。沢は単調になりそろそろ飽きてくる。
a0133014_22201579.jpg

裏見の滝、ここから沢沿いの登山道を登りました。
a0133014_22202234.jpg

登山道の途中の大岩
a0133014_22203221.jpg

ナガレヒキガエル、前足が長い。
a0133014_22204465.jpg

瓢ヶ岳の頂上は20年ぶりくらいでしたが、刈り払われて眺めがきくようになっていました。
a0133014_22205510.jpg

帰りは登山道を下りました。奥瓢(1160m)からは一宮の138タワーが見えました。急な下降が続き足にきた。
登山口までの行き帰り、車で星宮神社の参道のような道を走りますが、大木の杉の美林がみごとです。



[PR]
# by faggio | 2016-06-30 20:27 | Comments(2)
東北遠征 鳥海山と月山スキー 3,4日目
◆5月7日(土) 旅の3日目 雨

朝起きると雨に強風の天気。風呂に入って残ったビールを3人で飲んだあと、朝食を摂ってまたごろごろ。鳥海イヌワシみらい館の開く9時に宿を発つ。猛禽類の展示と説明がいろいろしてある。昨日、鳥海山の千蛇谷で見たのはやはりトンビであった。そのあと早い昼食に蕎麦屋に入る。コシの強い蕎麦で美味しくいただく。そして鳥海山をあとにして月山へ移動。15時前に宿に到着。月山はさらに強風が吹き荒れていました。

この日の宿は『月山 ほていや 山の家』
風情のある建物で看板も最近飛んでいってしまったらしく見過ごして通過してしまう。期待半分、不安半分で3人とも口数少なく宿に入る。部屋に通されすぐにビールで乾杯。風呂に入って夕食。米沢牛か山形牛か?満足なメニューでした。この時、同じテーブルに隣り合わせた姐さんは東京の方で、先週もここに来たという。スキーバムの集まる宿とはネットのどこか読みましたが、通が好みそうなまたリピートしたいディープな宿でした。

a0133014_21432187.jpg

a0133014_21433745.jpg

a0133014_21434980.jpg

a0133014_2144337.jpg

a0133014_2144152.jpg

a0133014_2144328.jpg

a0133014_19523780.jpg
翌朝早いことも忘れて部屋に帰るとまた飲んでしまう。


◆5月8日(日) 最終日 月山

強風とガスで視界が悪い中、準備を済ませて出発。リフト終点の小屋で2時間沈殿。太鼓を叩いて気分を上げるが寒い。天気の回復の見込みがないのでガスの中を出発。トレースを頼りに歩く。途中でアイゼンをつけ夏道に合流。視界悪く、強風でザックのスキーがあおられる中を月山の頂上に到着。
別の斜面を滑りたいところでしたが、我慢して来たルートを早々に下りる。暫くするとガスが切れ始め空が明るくなり始める。ここで初めて月山の大斜面が見渡せた。下りはあっという間で傾斜が緩むとストップスノーぎみの斜面をつんのめりそうになりながら、どんどん滑ってちょうど昼になる頃に宿に下りてくる。
予定していたルートよりだいぶん縮小版になりましたが、タイミングよくガスがとれて大斜面を滑ることができました。この旅のエピローグに満足な一日(半日)になりました。

a0133014_21444920.jpg

a0133014_2145107.jpg

a0133014_21452429.jpg

a0133014_21462284.jpg

a0133014_21463565.jpg

a0133014_22284041.jpg

a0133014_22285987.jpg

a0133014_22132357.jpg

a0133014_2147257.jpg

a0133014_21485657.jpg

a0133014_22391157.jpg

a0133014_2150979.jpg

a0133014_2150236.jpg


おわりに、
湯の台温泉 鳥海山荘の割り箸の紙にあった詩

『お花畠』 鳥海山の歌
土方達男 作詞・作曲 (大正11年作)

ここのお山は 東北一(あずまいち)
出羽富士の名ある 鳥海よ
峯に白雪 白雪や
夏でも消えやせぬ 夏でも消えぬ

消えぬその雪 心字雪
とけて流れて 河原宿
お花畠や 花ばたけ
眺めはつきやせぬ 眺めはつきぬ

滝の小屋より 白糸見れば
とけて流れた 心字雪
窓のともしび ともしびや
名残りはつきやせぬ 名残りはつきぬ

名残りつきせぬ 鳥海に
残るシュプール あざやかに
清き流れや 岩つつじ
又くる日まで 又くる日まで


おしまい




[PR]
# by faggio | 2016-05-12 23:55 | Comments(2)
東北遠征 鳥海山と月山スキー 1,2日目
いつものメンバー、がおろさんとイシハラさん、わしの3人で、5/4夜発、5/8までの3泊4日で鳥海山と月山を滑ってきました。わしらには珍しく3泊とも宿を予約していきました。3泊目の月山の宿は特にわしら好みのスペシャルな宿でした。
心配した天気ですが、1日目と3日目は悪天のため温泉に浸かって酒など飲んでゆっくり過ごしましたが、2日目には鳥海山、最終日には月山を滑ることができました。


◆5月5日(木) 旅の1日目

岐阜を前夜に出て車を走らせる。早めに着いて鳥海ブルーラインが開くのを待って大平山荘の登山口に駐車。ガスがひどく暫く待ってみるが今日は諦めることにする。秋田県側に下りて象潟の海岸を歩いたり、十六羅漢像を見学する。ちょうど鳥海山大物忌神社のお祭りの日で、物好きなわしらは神輿に付いて歩きました。このあと鳥海山の南麓の登山口がある湯の台温泉へ移動しました。
a0133014_15521485.jpg

a0133014_15522382.jpg

Return To Forever
a0133014_15523071.jpg

a0133014_16248.jpg

a0133014_15523726.jpg

a0133014_15524451.jpg

a0133014_15525895.jpg

a0133014_1553660.jpg
湯の台温泉 鳥海山荘
こちらに二泊しました。温泉、食事や部屋も良く、とてもいい宿でした。ビール、酒、焼酎など3人ともたんまり持参したので、宿に着いて温泉につかったあとすぐに飲み始めました。翌日は晴れ予報で早めに床に就く。


◆5月6日(金) 晴れ 鳥海山

初めはクトーで登り、傾斜が増したところでアイゼンに替える。最高点の新山(2,236m)に登ったあと、山頂下から千蛇谷に滑り込む。素晴らしい斜面でした。イヌワシ?がわしらを見下ろして飛んで行った。しかし実はトンビでした。登り返して氷河の上のような大斜面をまた滑る。(氷河は滑ったことないけど) ヤブの横断をしたりして雪が途切れるところまで林道を滑って終了。大満足の一日でした。
a0133014_2013837.jpg

a0133014_20132150.jpg

a0133014_20133269.jpg

a0133014_20134095.jpg

a0133014_2014580.jpg

a0133014_20141511.jpg

a0133014_20142586.jpg

a0133014_20143955.jpg

a0133014_20144961.jpg

a0133014_20145872.jpg

a0133014_2015787.jpg

a0133014_20151893.jpg

a0133014_20152668.jpg

a0133014_20153740.jpg

a0133014_20154886.jpg

a0133014_2016134.jpg

a0133014_20161127.jpg

a0133014_20195252.jpg

a0133014_20193896.jpg

a0133014_20201484.jpg

a0133014_20202589.jpg

a0133014_20203532.jpg

宿に戻って風呂に入ったあとはまだたんまりある酒を飲んで寛ぎました。翌日の天気予報はまた雨。明日の月山への移動は宿で朝食を摂ってからゆっくり出ることにしました。



[PR]
# by faggio | 2016-05-11 22:12 | Comments(0)
よも太郎山1581m、願教寺山1690mテレマーク
2016年4月10日(日) 曇り
メンバー:がおろさん、わし
ルート: 大杉登山口~カサバ橋~よも太郎山~願教寺山~願教寺谷滑降~よも太郎山~カサバ橋~大杉登山口

がおろさんと石徹白のよも太郎山、願教寺山を滑ってきました。雪の少なかったこのシーズンですが、石徹白の山もほとんど雪が融けてスキーの時期はすでに終わっていました。大杉登山口まで来ても雪はなく、さてどうしたもんかと思案しましたが、とりあえずちょろっと様子を見ながら行くことにしました。
ちょろっとのつもりが、割れた谷を何度も渡渉し、笹のヤブ漕ぎ、願教寺山の稜線のガケ登り、よも太郎への登り返し、どうにか雪を繋げてよも太郎と願教寺山に登れて、終わってみれば充実の一日でした。

がおろさんの記録

大杉林道 雪は見当たらず
a0133014_1824996.jpg

石徹白大滝手前
a0133014_18242067.jpg

カサバ橋も雪がなくこの状況で沢の渡渉にビビる。
a0133014_18243287.jpg

北願教寺谷の出合辺りからスキーが使えました。
a0133014_18253168.jpg

渡渉数個所
a0133014_18254435.jpg

台地に出ると雪が多いが、
a0133014_18255312.jpg

谷が割れているところも
a0133014_18261377.jpg

全層雪崩のデブリを越える
a0133014_18262652.jpg

日岸山とよも太郎山の鞍部へ斜面を登る。滑るのによさそうな斜面です。
a0133014_18263913.jpg

よも太郎山頂上から向こうに願教寺山
a0133014_18265058.jpg

願教寺山に向けてひと滑り。
a0133014_1827158.jpg

がおろさん
a0133014_18271054.jpg

板を外してヤブを抜けて、
a0133014_18272047.jpg

雪をつないでまた滑る。
a0133014_18273517.jpg

広い谷へ出て願教寺山へのルートはどこも笹のヤブに阻まれる。

県境稜線まで登って来てここで笹ヤブに突っ込むかどうか思案する。がおろさんに「どうする?」と聞かれる。これはがおろさんなりの聞き方で、突っ込むための同意の確認である。ここで戻りたい気持ちもあったけれど「行きましょう」と返事をしてしまう。
a0133014_20484168.jpg

左がガケの県境稜線を登る。笹ヤブで人が見えない。
a0133014_18274841.jpg

a0133014_1828510.jpg

願教寺山手前
a0133014_18282092.jpg

東の肩から空身で頂上をピストン
a0133014_18283325.jpg

この日のハイライト、願教寺谷の滑降
a0133014_18284324.jpg

こちらも縦溝が酷い。テレマークは止めてアルペンでごまかして滑る。でも気持ちいかった。
a0133014_18285321.jpg

がおろさん
a0133014_1829295.jpg

滝場に出て願教寺谷の滑降は終了、よも太郎山へ登り返す。
a0133014_18291288.jpg

日岸山とよも太郎山の鞍部からの斜面がこれまたいかった。
a0133014_18292283.jpg

夕暮れ近い沢を急ぐ
a0133014_18293361.jpg

カサバ橋の最後の渡渉は多少濡れても気にしない。
a0133014_18294368.jpg
登山口まで下りてくるともう日没間近、久しぶりの12時間近くの行動でした。この日、よも太郎と願教寺山に登って滑り下りてこられたのはたまたまラッキーだったのかどうなのか、今もよく分からないでいます。

登山口6:50 よも太郎山10:30 願教寺山13:00 よも太郎山15:30 登山口18:20
[PR]
# by faggio | 2016-04-13 21:58 | Comments(0)
見ざる、聞かざる、言わざる
一昨日、中学時代の美術の先生と食事をする機会がありました。
もう定年されて何年か経つそうですが、焼酎のお湯割りを何杯もおかわりされてお元気そうでした。

ご自分で作られた段ボールを貼り合わせた作品をいくつか持ってみえていました。
もう歳なので創造ができるうちにいろいろやっておきたいと言ってみえました。

これは「見ます、聞きます、言います」という題名の作品
a0133014_177111.jpg
a0133014_177211.jpg
ちょっと風刺的なような題名が気に入って手に取って見ていたら、あげると言われるのでいただいてきて部屋に飾ってあります。店を出て一宮駅まで二人でゆっくり歩いて、駅のトイレで小便を並んでしてから先生を見送りました。

昨日はTsutomuさんのお誘いで久しぶりにスキーに行きました。雨のあとでゲレンデはカチカチでした。
掘れたストレートのスラロームのコースを2本滑ったらコケました。胸を強打して痛かったのですが、4時まで滑って下道で帰りました。

今日起きると更に痛いので、たぶんあばらにヒビが入ったのでしょう。治るのに2,3週間はかかるのでしょうか?
それまで大人しくしています。
[PR]
# by faggio | 2016-03-21 18:24 | Comments(4)
岐阜テレマーク倶楽部練習会
昨年に続き今年もTAJ指導員のテレかずさんに講師をお願いして岐阜テレマーク倶楽部の練習会がありました。
これまでのセンター70mmの板から、今年は98mmの板で参加しました。

チェックポイントをいくつかイメージしていったのですが、体の動きとイメージがしっくりこずに、最後までぎくしゃくした滑りでした。いい時はオートマティクにスキーが動いてくれるイメージですが、しっくりこない時は無理にスキーを回そうと上体を振ってローテーションしているのがわかりました。

帰りの車の中の会話の中でいいヒントがあったので、今度ゲレンデに行った時に試してみようと思いました。

イメージの詩


more
[PR]
# by faggio | 2016-01-26 20:47 | Comments(0)