タグ:テレマークの記録 ( 35 ) タグの人気記事
ステップソールでホハレ峠とトガス東斜面
6年前の3月に一度行ったことがある、ホハレ峠からトガスのコースをステップソールで歩いてきました。前回は小雪が降る天候でしたが、トガスの東面の印象が良かったので再訪しました。

2006年3月の記録  がおろ亭 ホハレ峠~トガス

前回のトガス東面の様子。アルペン板で滑っています。
a0133014_14252536.jpg


3月15日(木) 小雪のち快晴 メンバー:わしだけ
夜叉龍神社P 8:30 ホハレ峠 11:30 トガス東斜面 12:30~14:30 ホハレ峠14:20 夜叉龍神社P 17:10

朝起きると生憎の雨、ダメモトで家を出る。坂内村へ入るとみぞれから雪に変わった。セメント工場の手前の夜叉龍神社Pに駐車をさせてもらい小雪の中を出発。橋を渡って浅又川の林道に入るとすぐにスキーが使えた。

歩き出すとすぐに雲が途切れて空が見えだした。これは幸先宜しいと思っていたら後ろから除雪のブルドーザーが唸りを上げてこっちへ向かって来る。追いつかれてはたまらんと必死で歩いた。
砂防堰堤まで来てなんとかブルを振り切る。(堰堤まではちょくちょく除雪がされているようです。)

ブルと別れ静かになったところでゆっくりする。スコップで穴を掘って野生の呼びかけにも応えて身を軽くした。
a0133014_15371254.jpg

ホハレ林道は前回に比べて雪がだいぶん多い。後ろにトガス。
a0133014_1644921.jpg

林道を回りこんだ先で尾根には上がらず、ゆっくりペースで歩き旧ホハレ峠着。お地蔵さんは雪の下。
a0133014_1692829.jpg

黒谷の道はしっかり雪で埋まっていました。
a0133014_23121725.jpg
去年の秋のホハレ峠

右手に蕎麦粒山を見ながら烏帽子へ向かう林道を行く。
左の傾斜が緩くなったあたりがトガスの東斜面。ステップソールにいい傾斜が黒谷の方に向かって続く。
a0133014_2356862.jpg

a0133014_071369.jpg

トガス北面の雪壁になった烏帽子林道トラバース。風が吹くと雪煙が頬を叩いてこりゃたまらん。雪壁の林道はこの先も延々続いていたのでここで引き返す。
a0133014_040732.jpg

トガスに登るのもやめて(気がないので)、緩い斜面をウロコ板でスタスタ登っては滑ってを繰り返しました。
a0133014_0525674.jpg

a0133014_053833.jpg

a0133014_0531976.jpg

2時間そこそこのリッチな時間は本当にあっという間。
a0133014_131587.jpg

最後はおまけの林道ショートカットで締めました。
a0133014_192416.jpg

西日が陰りかけた浅又川の林道をちんたら歩いて川上の出合いに戻る。
a0133014_1272079.jpg

川上の橋のたもとでゴミ捨てに来たこのへんの鉄砲打ちというおっさんに会って話をしました。
今日の一日のことを話すと 「あんたはエライ!」 ( by 小松政夫 )、と褒められました。
[PR]
by faggio | 2012-03-19 02:47 | Comments(0)
新雪の日照岳
a0133014_68554.jpg

朝の柔らかい光の中でダイヤモンドダストが観られました。(がおろ氏撮影)
出発時の気温は車の温度計で-16℃。

クリックしてね。拡大します。
a0133014_6243819.jpg
妖精のような光の粒、わかりますか?



メンバーは山ヤのゲンゴロウさん、沢ヤの鮎川さんとその奥さんのネーちゃん、がおろ氏にわし。福井組3名と岐阜テレマーク倶楽部2名の混成。

a0133014_6282838.jpg


日照岳(写真中央)から福島谷側の沢へ滑りこみました。

a0133014_6542235.jpg


絵になる1枚!(ゲンゴロウさん撮影)

a0133014_23531581.jpg


ゲンゴロウさんの記録
がおろ氏の記録
[PR]
by faggio | 2012-02-23 23:56 | Comments(0)
奥美濃コレクション The Bald Head “その4”
谷の呼び名について

最近はやったばかりのこともすぐ忘れるし、さっき聞いたこともすぐにどこかに飛んでいってしまいますが、この間も下山時に通りかかったおっちゃんにわしらが登った谷の名前を訊きましたがよく覚えていない。
ハゲヤマ谷だったかナニ谷だったか?釈然としないので揖斐川町の春日振興事務所に電話して聞いてみました。

電話をすると「詳しい人に替わるわ。」と言って、その人が言うには、谷の名は三谷(サンタニ)だと言う。しかしその名前は谷の総称で、わしらの登った鉱山林道の終点上部の三つ又の左又ではないように思えた。
ついでに谷の上の伊吹山北尾根にある山の名前は「禿山」か、「大禿山」かも聞いてみた。すると地元では「禿山」と呼んでいるが、昔OSKが伊吹山北尾根に道を付けた頃から登山者の間で「大禿山」と呼ぶようになったとのことであった。

山の名前は点名や地元の呼び名など、違った呼び名が二つ、三つあることがある。たとえば高丸だと点名は高丸、黒壁、黒壁山とも言い、鳥ヶ東山という別名もあるように、「禿山」の場合もどっちがホント?というのはどちらでもいいが、やはり地元で昔から呼ばれている「禿山」で呼びたいように思う。
そして谷の名前だが、、山の呼び名が「禿山」ならば、谷の名前もわしの覚えが間違っていなければ、おっちゃんの言った「禿山谷」でいいのではないかと思う。


春日中山の六社神社
a0133014_23265597.jpg

春日中山の部落は山の斜面に家が張り付いて建っていました。なかなかいい村の風景でした。

今西錦司(日本山岳会会長、岐阜大学学長。美濃の山々が気に入り、「そこに山があるから私は岐阜大学に行くのである。」)は、張り付く家々の様を見て「奥美濃のチベット」と言ったかどうかはこれもまた怪しい記憶だが、「奥美濃の山を登ることは、その精神においてヒマラヤ登山に通じるものがある。」と言われたように覚えているのは間違っていないと思う。
[PR]
by faggio | 2012-02-14 23:56 | Comments(0)
奥美濃コレクション The Bald Head “その3”
「自己責任でお願いします。」 国見岳にて
a0133014_15364518.jpg


斜面は続くよどこまでも。
上部急斜面、中間から下は中斜面のオープンバーン
a0133014_15481629.jpg

重い雪にこの日は最後まで板に乗れなかった。
a0133014_1543583.jpg

雪に埋もれるの図。
お恥ずかしい。
a0133014_15485444.jpg

ここはゲレンデ独り占め、スキー天国でした。
a0133014_15433457.jpg

[PR]
by faggio | 2012-02-13 16:35 | Comments(0)
奥美濃コレクション The Bald Head “その2”
禿山谷は鹿の足跡が多かった。
出発してすぐの林道脇の杉には皮を食われないようにちょうどその高さ分、ビニールテープが巻いてあった。
禿山谷に入り、滝場をむりやりスキーで登り、谷が開けるとそこらじゅうに鹿の足跡が続いていた。
そうするつもりはなかったが、足跡を横切ったり、暫く平行に歩いたりして広い谷を登った。
どこかに隠れてわしらのことを見ているのかもしれないと思った。

a0133014_2384835.jpg

木の実を食べたのか木の枝の下の足跡
夏にはわからない獣の営みがある。
a0133014_23255576.jpg

雪の上についた獣の足跡は美しい。
それに較べたらわしらの足跡はなんともブサイクな足跡だと思った。
[PR]
by faggio | 2012-02-12 00:06 | Comments(0)
奥美濃コレクション The Bald Head “その1”
だから奥美濃はやめられん!
“奥美濃もしくは西美濃コレクション”

どちらかといえば、、

majorではなくminor、
majorityでもなくminority、
maniacであってmadness、

想像力はフル稼働、
万人受けはしないだろうが山を歩く醍醐味がある。

沢を這いずり、藪を分け、
1000mそこらではあるが頂に立つ喜び、
湿雪のラッセルにもがきながら頂上に至る道のりの楽しさ、
喜びも楽しみも岳友が一緒なら尚更のこと。

だから奥美濃はやめられん。

西美濃と言ったほうがいいかも知れないわしの奥美濃コレクションがまた1つ増えた。
がおろさんはこのルートに "The Bald Head" と素敵な名前を付けた。

奥美濃コレクションが増えるのはわしにとって宝物が1つ増えたようなものだ。
[PR]
by faggio | 2012-02-09 23:03 | Comments(0)
禿山谷から伊吹山北尾根、国見岳
旧春日村を粕川沿いに車を走らせると役場を過ぎたあたりから正面にドーンと、ひときわ目立つ真白い急な斜面が見えてくる。以前から気になっていたこの谷を今回がおろさんと2人で滑ってくることができました。広大斜面と素晴らしい景色が楽しめるこのコース、近場のこの辺りでは出色のコースだと思いました。

がおろさんのblog  “The Bald Head”

ここのところの降雪と、ほぼ無木立に見える急斜面に、2人とも出掛ける前は「気持ちわりー。」と言っていましたが、案ずるより産むが易し。禿山谷をつめて伊吹山北尾根に乗り、あとは稜線漫歩で国見岳にも寄ってきました。


狭い谷を抜けると目の前に広大斜面が広がる。
a0133014_5163549.jpg

a0133014_225553.jpg

登路の小尾根から見たハゲ山へ続く伊吹山北尾根。雲間から時々光が射して美しい雪尾根の風景。
a0133014_21582568.jpg

雪庇を崩して尾根に上がり国見岳へ向かう。
a0133014_5164451.jpg

まだ新しいスノーシューのトレースが国見峠から伊吹山方面へ続いていた。国見岳へ近づくと峠の向こうのスキー場から派手な音楽が聞こえてきた。

シールを剥がして、凍った金具(G3タルガアセント)を日光に当てながら短い休憩。氷が融けて使えるようになるのを待って下山した。

a0133014_6482620.jpg


ウホウホ新雪滑降。午後は雪が少し腐ってきた。
a0133014_5165671.jpg

冗談とばしながら車まで滑って終了。バンザーイ。この山も終わってみればスッキリうまくまとめることができました。
車に戻ったのが14時少しすぎ。こんなに早いとまだ一仕事できそうだと、行かんでもいいのに帰りに職場に寄る。
山で目一杯遊んでも、これでは休日に気分転換したことにははならんか。

六社神社 8:00  国見岳 12:00~12:20  六社神社  14:10
[PR]
by faggio | 2012-02-06 06:05 | Comments(0)
槍ヶ岳飛騨沢スキー合宿
12月29,30日で「おやじまったり登山隊」のK先生とNさん、「岐阜テレマーク倶楽部」のがおろさんにわしの編成隊4人で槍ヶ岳の飛騨沢を滑ってきました。というはずでしたが実は・・・・、

スキーの金具破損により槍平の冬期小屋に泊まって往復しただけに終わりました。

2日目の朝、いざ飛騨沢へ向かわんと小屋を出てスキーをはこうとした時、わしのビンディングのヒールレバーから部品の欠片がポロっと落ちるではないか。何もこんな時に壊れなくてもいいのに。これでジ・エンド。
今回のハイライト、飛騨沢の新雪滑降はおあずけ、まぼろしになったという訳です。

詳細はがおろさんのブログ、年末の飛騨沢 をご覧になってください。


5年目のプラスティックの経年劣化か(G3タルガアセント)
a0133014_948383.jpg


直せるかどうかわからないのにメンバー3人に待ってもらうのも申し訳ないので先に出てもらいました。

1人残って何もすることもなく写真を撮ったり、ビンディングを直したり、下りてくるメンバーに水を汲みに出たり。
また小屋に入ってマットの上に寝ころがっても寒くて眠れなかった。(この朝の気温マイナス15度)


この頃には晴れ間が覗いて滝谷のドームや北穂が顔を見せてくれた。
a0133014_10105524.jpg


ビンディングもなんとかなりそうだったので1人で滑って下りることにした。薄明るい陽が小さな窓から入る小屋でパッキングを済ませ槍平をあとにした。
a0133014_1039295.jpg


がおろさんはマイナス20度の凍える気温の中、2940mあたりまで上がったということだ。
a0133014_10555925.jpg

チョーかっこええわ~。わしもこれがやりたかった。
a0133014_104474.jpg


槍平からは1人でのんびりと景色を楽しみながら白出沢の出合いまでシールで滑り、林道のラッセル跡をスキーを滑らせて早い時間に新穂高へ下りて来た。

メンバーを待つ間は時間をもてあまし、車に積もった雪を払い(あとで人の車と間違えていたことがわかった)、スキーを置いてからホテル穂高のロビーで3人の帰りを待った。
暖炉の前の椅子に腰かけてブーツのバックルを緩め、凍ってバリバリになった手袋を外してコーヒーをすすりながら一息つくと、冷たくてこわばっていた指先にも血が通いだして、山には追い返されたけどこの2日間をふり返って満足したほっとした気分になった。

飛騨沢の新雪滑降はできなかったけれど、今度の機会まで温めて取っておくのもまた楽しみや憧れが1つ増えたというもんだ。
[PR]
by faggio | 2012-01-02 21:57 | Comments(2)
川上岳 無事コレ貴人
無事是レ貴人ナリ。 タダ造作スルコトナカレ、 タダ是レ平常ナレ ・・・ 、

2月26日(土)
ちょっと前になってしまいましたが毎度のメンバーで飛騨南部の山、川上岳へ行ってきました。
ブログに投稿するのが遅くなると新鮮さもちょっと褪せてきます。

林道から植林の雪壁に取り付く。ここを越えると素晴らしい雪の尾根道が山頂まで続いていました。
a0133014_21375892.jpg

前衛峰への登り
a0133014_21381316.jpg

前衛峰から山頂までは稜線のプロムナード、山頂辺りは春の陽気でした。
a0133014_21382375.jpg

乗鞍、笠、穂高遠望
a0133014_21383642.jpg

頂上でまったりしたあと、大足谷へ滑り込む。
a0133014_214151.jpg

滑りはいつも気持ちがいい。谷の源頭まで滑ってから登山道のある尾根へ登り返しました。
a0133014_21391556.jpg

この後、主尾根を右に外してしまい涙、涙の悶絶トラバースが待っていたのであります。ほとんどスキーになりませんでした。

登った尾根を戻ればいつものように楽しく滑り降りてこれたと思いますが、登山道の尾根をうまくなぞって降りてきても、どうなっていたのかはわかりません。別のルートに入っちゃったのもこれはこれで良かったのかもしれません。
川上岳、わし的には反省点多かったです。


*ガオロさんの記録*
 1回目 : 川上岳1625.9m
 2回目 : ステップソールで川上岳1625.9m

一回目が不本意だったので二回続けて行かれました、というか続けて行ってもいいくらいの山ではあるのです。
[PR]
by faggio | 2011-03-06 23:26 | Comments(2)
2月の川上岳 (1625.9m)
 「岐阜テレマーク倶楽部」 のメンバー、ガオロさん、イシハラさん、わしコザえもんで飛騨の川上岳(カオレダケ)へ行ってきました。
a0133014_2215084.jpg

下山はなぜか悶絶寸前でした。
a0133014_22245057.jpg

悶絶寸前でしたが カオレダケ、なかなかいい山でした。
a0133014_22333326.jpg

[PR]
by faggio | 2011-02-28 22:41 | Comments(0)