タグ:胃袋 ( 30 ) タグの人気記事
おじさん達の楽しい源流夏キャンプ 
7月25(土)、26(日)でいつものメンツ、がおろさん、いしはらさん、わしのおじさんトリオで白山山系の沢へ恒例の夏の源流キャンプに行ってきました。
歩いた沢は中流域から上は竿を出せばすぐに釣れるイワナの楽園のような感のところでした。そして目玉は焚火を囲んでの晩餐。いしはらシェフが作るイワナづくしの料理でした。
もうええというくらい釣って食べて飲んで、3人とも大満足の夏の源流キャンプでした。

がおろさんの記録 夏休み源流男キャンプ


ロープを出し渡渉
a0133014_21581050.jpg

水量は多少多め 釣り人がおろ氏
a0133014_21581883.jpg

高巻き中のガマガエル
a0133014_21582774.jpg

いしはらさん
a0133014_21583529.jpg

わしは仕掛けを取り換えている時、竿の穂先が折れてしまうが、テーピングのテープを先っぽに巻いて応急処置
a0133014_21584374.jpg

頭にイボのイワナ
a0133014_21585453.jpg

何よりも釣りが好きというがおろ氏、楽しんでらっしゃる。
a0133014_22164565.jpg

小さなゴルジュ 時間も忘れて歩く。
a0133014_2159652.jpg

そろそろ3時をまわって今夜の食べる分のイワナもたんまり釣ったのでキャンプサイトの設営。といっても河原でゴロ寝するだけですが。

キャンプ地が決まると3人とも勝手知ったる源流キャンプ。今夜の準備にそれぞれてきぱき動いて気分がいい。もっと豪勢に焚火をしたいところですが燃料の乾いた薪が少なかった。

いしはらシェフ登場
a0133014_21591893.jpg

この辺でビールをプシュっと。

まずは口取り ゆでたてチンチンの枝豆
a0133014_21592821.jpg

前菜一品目 イワナ刺身
a0133014_21593979.jpg

出汁を取るため、おろしたイワナの骨は焚火で炙ります。
a0133014_21595167.jpg

前菜二品目 イワナのムニエル
a0133014_21121872.jpg

前菜三品目 イワナの胃袋の煮つけ
a0133014_220134.jpg

炙ったイワナもいい飴色になってきました。
a0133014_2201168.jpg

前菜四品目 イワナの煮つけ 玉葱、ニンニク風味
a0133014_2202055.jpg

メインは炙りイワナ 串のクロモジのいい香りがしました。

そしてシメは醤油に漬けたイワナの刺身を飯盒で炊いたご飯にのせて、「岩魚の漬け丼」
お腹いっぱい、ご馳走さまでした。
a0133014_2232525.jpg

キャンプサイトの夜はふけて、、、

川の音を聞いて、焚火を燃やし酒を飲み、シュラフカバーに包まって寝る。
a0133014_2203593.jpg

翌朝もいしはらシェフ登場
a0133014_2204533.jpg

朝飯はイワナ雑炊、ご飯にイワナをのせて昨夜のダシ汁に薬味の葱をのせた、いわゆるイワナのひつまぶし風
お代わりしました。
a0133014_2205586.jpg

キャンプ地を発ち、今日もまた釣り上がる。
a0133014_221697.jpg

すぐに連瀑帯
a0133014_22142139.jpg

わし
a0133014_2214595.jpg

滝場を過ぎるとまたイワナの楽園
a0133014_2221176.jpg

尺前後のイワナも出ます。
ピークまで行く予定でしたが、まだまだ先は遥か遠く、途中まででも十分満足したので竿を畳んで沢を下りました。
a0133014_2222542.jpg

それにしてもこのメンツでの沢下りは早く、厳しそうに見えた滝場もロープを使わずクライムダウンして、お昼前にはなつかしいキャンプ地に帰還しました。
a0133014_2223645.jpg

がおろさんが前来た時に失くした熊鈴も見つかり尾根を下降。腰に負担の来るわしの苦手な林道を歩いて早い時間に国道に停めてある車に戻る。
[PR]
by faggio | 2015-07-31 00:03 | Comments(2)
鹿瀬のメダカ
今日仕事から帰ると今年初めてゼミが鳴いているのをを聞きました。死んで落ちているセミや抜け殻もありました。今年はセミが多い年なんでしょうか?

この土日でがおろさん、イシハラさんわしで久しぶりの泊りの沢に出かけてきました。帰りにがおろさん宅に寄ると、だいぶん塩辛いから口に合うかどうか分からんけどこれ持ってけと、メダカの佃煮を頂きました。

幻の奥阿賀の珍味 鹿瀬(かのせ)のメダカ
a0133014_20322493.jpg

阿賀野川沿いの五泉、奥阿賀では昔はもっと塩辛い味付けで食べられていたようです。
食べる本能 第31回 メダカ

もらってすぐ封を開けるのは勿体ないですが、ちびちび酒のつまみにいただいてみようと思います。
[PR]
by faggio | 2015-07-27 22:17 | Comments(0)
うなぎの日
今日はうなぎをご馳走になってきました。
浜名湖に流れ込んでいる川で釣ってきたというウナちゃんが二十数匹も!

サイズは不揃いですが、手首くらいの、ウマ並みか外人並みの子もいました。(誰かのコメント)
a0133014_219735.jpg
a0133014_2192690.jpg

二つに切って炭火で焼きます。デカいです。ウマ並み。
a0133014_219519.jpg
a0133014_2113104.jpg

キモはみんないらんと言うのでわしひとりで二十匹分串焼きにして食べました。
a0133014_21133099.jpg

白焼きと蒲焼を半分づつ焼いて、白焼きはワサビ醤油で。

最後は自家製の山椒の粉をかけてうな丼。
a0133014_21134111.jpg
一年分くらい食べた感じでした。
骨は天ぷら用に持って帰りました。
[PR]
by faggio | 2014-07-29 22:17 | Comments(0)
徳兵衛、明や
お盆はここ何年か、かみさんと板取にある徳兵衛茶屋に行くのが恒例になってきました。

アユの塩焼き
a0133014_320413.jpg

アマゴ、イワナの塩焼き
a0133014_3205787.jpg
かみさんはアマゴとイワナ、わしはアユを食べました。

一宮の和菓子屋、明や
a0133014_3211466.jpg

a0133014_3213424.jpg
食べてばかりの一日でした。
[PR]
by faggio | 2013-08-20 06:56 | Comments(0)
稚鮎の山椒煮
先日職場で、琵琶湖で釣ってきた稚鮎を156匹(数えた!)と、山椒の実と葉っぱを一緒にいただきました。琵琶湖の辺りは色々な川魚の料理がありますが、職場に近江八幡が出身のおばちゃんがいて、「ちょっと大きいな。大きいやつは天ぷらにしたほうがうまいわ。」とか言いながら、「まかせときー」と言って稚鮎の山椒煮を作ってくれました。
煮詰める途中に鍋から取って食べてみると、山椒がしっかり効いて舌のまん中がずっとピリピリ痺れていました。

a0133014_17143425.jpg

冬場に琵琶湖で獲れるもっと小さい鮎の稚魚を地元では「氷魚」と言って、これがまたうまいんだそうです。
一度食べてみたいです。
[PR]
by faggio | 2013-06-06 10:40 | Comments(0)
ハナタレ
‘新規開拓’ のつづき、

知らないうちに無くなっているんじゃないかと失礼なことを書きましたが、今も健在でかみさんとたまに行っています。
この間は珍しい焼酎をごちそうになりました。

「爆弾 ハナタレ」 芋焼酎、アルコール44度
a0133014_214879.jpg
変な名前。
ハナタレのように最初に落ちた焼酎のしずくだそうです。

次は、「野うさぎの走り」 もち米 アルコール42度
a0133014_2143226.jpg
こちらはストレートでいただきました。

たぶん通の人には知られた焼酎だと思いますが、なかなか手に入らず定価の何倍もの値で出回っているそうです。
なぜか両方ともグラッパのような味がしてうまかったです。
他にもエゴマの葉っぱを漬けたものや珍しい日本酒もごちそうになり、店を出るころにはだいぶんいい気分になっていました。翌朝は少し頭がいたかった。

しょっちゅう通っている訳でもないのに、なんでこんなに沢山ごちそうしてくれたのか分かりませんが、酔ったうちのかみさんの滑舌トークがよほどうけたんでしょうか?
わしは半分聞き流して、うまい焼酎をちびりちびり楽しんで帰りました。
[PR]
by faggio | 2013-05-23 07:08 | Comments(0)
あ~りがとう~
潮干狩りのおすそ分けで粒のそろった大きなアサリをいただいたきました。

きょうのお昼は、「春キャベツとアサリのワイン蒸し」

a0133014_18504424.jpg
最後は濃厚出汁にご飯を投入、リゾット風にチーズをかけて、まいう~。

今週はじめは一斗缶いっぱいの殻つき牡蠣のパーティーにおよばれ。
山菜の天ぷらなどなど、かみさんもわしも大満足。

お世話になっていつもほんとに ' あ~りがとう~ ’
[PR]
by faggio | 2013-04-13 21:19 | Comments(0)
Quernons d'Ardoise
バレンタインデーにチョコレートをもらってきた。
開けてみると青いチョコレートが出てきた。

a0133014_21275967.jpg

フランスの田舎の屋根の瓦がモティーフになっている。

a0133014_21291721.jpg

キャッチフレーズは「幸せの青いチョコレート」
今巷で流行っていると聞いた。

a0133014_2205128.jpg

青い色が目新しくてキレイなのと、食欲を煽る色かというのはハテナ?
もらい物は何でもありがたくいただく。

中はナッツのゆるいヌガーで、見た目よりうまい。
開けた時は洗顔用の石鹸かと思った。
[PR]
by faggio | 2013-02-18 22:50 | Comments(2)
牡蠣食へば
広島の知人から今年もまた殻つきと剥き身の牡蠣がたくさん届きました。
ナイフを入れて開けますが、いつも上手にできません。
a0133014_23373393.jpg
まいう~。
この時期が一年で一番うまいそうです。

時期のものを食べるのが一番贅沢ですね。
[PR]
by faggio | 2013-02-08 23:54 | Comments(0)
新規開拓
新規開拓といっても山の話ではないのだ。

少し前の日曜日、沢登りから帰って風呂へ入り、その後トンチャンの味噌焼きを食べに行こうということになった。
これで胃袋も満たされ充実した一日の完成である。

いつもの店へ行くと駐車場はほぼ満車、外から中の様子を伺っても満席のようだ。飽いた子供が5人ほど店の窓に貼り付いて大騒ぎをしている。親の顔が見てみたい。

諦めて次の店へ行こうということになる。

よくあることだが、こういう時はどこへ行ってもだめなことが多い。2軒目もフラれ、3軒目もフラれ。看板が下ろされて、「お客様へ、永らくお世話になり・・・、 店主敬具」なんて貼り紙がしてあったこともある。

次が決まらずに困っていたところ、最近焼肉屋が近所にできたことを思い出す。どこへ行っても同じだと、外れ覚悟で行くことにする。

店に着き外から覗くと、日曜日だというのに客は誰もいなかった。かみさんはやめようと言う。誰もいない初めての店は入りづらいものだ。迷っていても仕方ないのでエイヤーで真新しい暖簾をくぐった。

その店はいい意味で最初の印象を裏切ってくれた。ビールをいつもより余分に飲んで、お腹いっぱい大満足で店を出た。

たまたま入った店だったが、思いもよらない新規開拓となった。

少し心配になったのが、次に行った時に例の「お客様へ、・・・」の貼り紙がしてないかということだ。
日曜の晩にあれだけガラガラだと既にもう時間の問題なのかもしれないと思った。
[PR]
by faggio | 2012-10-31 07:09 | Comments(0)