<< 佐分眞展を見る 人骨探し >>
カメのみちおと船頭平閘門へ
カメのみちおが木曽川と長良川の背割堤のまん中にいた。
a0133014_20202641.jpg


                                大きくなります。
a0133014_22133276.jpg

これはかわいそうと背中のザックに入れて船頭平閘門へ川を下る。



ケレップ水制
a0133014_20303031.jpg


背割堤 右が木曽川、左長良川
a0133014_20314532.jpg


船頭平閘門
木曽川の水門がちょうど閉められたところ
a0133014_20374290.jpg

水位に注目、長良川(水位高)の濁った水が入って水位が1mくらい上がる。
a0133014_20391390.jpg

長良川の水門を通り抜けるところ
a0133014_2048216.jpg

河口堰のある長良川は水位はほぼ一定、堰のない木曽川は潮の干満によって水位が変わり最大3mと管理事務所の人に聞きました。
a0133014_2053384.jpg

カメのみちおを放す場所を探しているとシジミ漁のおっさんが歩いてきた。
ミチオの話をすると「ここに逃がしてもええぞ。今年は海水が上がってこんでシジミも採れんわ。」ちょっとなめてみいと言われて川の水をなめるとただの水だった。

ウナギもかからんといってウナギの筒を引き上げて覗いてるところ
a0133014_20545979.jpg

色々話を聞いたので歩いて帰るおじさんに「おじさんありがとう。」と礼をいうと、途中でなぜだか振り返って「あんたもがんばれよ。」と言ってくれた。おじさんありがとう。


木曽川文庫
a0133014_2117215.jpg
a0133014_2117126.jpg


河原にウマ4頭?
a0133014_21192216.jpg


あとはカメのみちお、
「おまえもがんばれよ」と言って木曽川の本流の脇にあった池に放しました。
a0133014_21255276.jpg

カメのみちおは道にいたからみちおです。(どっかで聞いたことあるような話)
[PR]
by faggio | 2011-10-18 21:35 | Comments(4)
Commented by s_space_s at 2011-10-19 08:21
うちのみちおはイシガメでしたが、こちらのみちお君はクサガメですね。
懐かしいです。
Commented by faggio at 2011-10-20 18:49
スーパーの袋に入れてからザックに入れたのですが、やんちゃなみちおはすぐに袋を破いてしまいザックの中で糞をたらしてました。
Commented by KRO at 2011-11-06 17:12 x
 木曽川のは、馬の親子が2頭とポニーが2頭ですね。
いつも、同じ場所で、くつろいでます。。
Commented by こざえもん at 2011-11-06 18:48 x
そうなんですか。のんびりしていいコースですね。
別の所ではおじさんが大きな和太鼓の練習をしてました。
<< 佐分眞展を見る 人骨探し >>