<< 長者平ネイチャースキー サーモインナーを熱湯で再成形する >>
ウロコ板
ヤマト運輸のお兄ちゃんが長い段ボール箱を置いていった。
「またスキー買ったの。たくさんあるのにまだいるの?」
そう言われてなぜか悪いことをしてしまった気分のわし。

フォルクルの昔の板198cm,ディアミールの付いた山スキー用のダイナスター,テレ板がアトミックにロシニョール、そして今日届いたウロコ板。もっと古い板もあったけど前に処分したのでこれで計5本。
妹を20年前に嫁らかしたとき置いていったサロモンの板もわしのと思っているらしいので計6本。それからかみさんの板で計7本。
ブーツもあわせるとダハシュタイン,ライケル,山スキーのスカルパにT2X、かみさんのラングも入れて計5足。

アルペンにテレマーク、ましてや板の裏にステップが切ってあるなんてことはまるでわからない母親にしたら、なんでそんなにスキーがいるのかわからないのである。それともいい歳してスキーにうつつをぬかす息子に呆れたのかもしれない。かみさんにも「ハー!」と言われる始末。
早速箱を開けて金具をブーツに合わせました。

がんばろう日本!
a0133014_21553771.jpg
MADSHUS Epoch
Rottefella Chili

履いてもいないのに、眺めているだけでもう雪の上を歩いています。
[PR]
by faggio | 2012-01-26 23:13 | Comments(0)
<< 長者平ネイチャースキー サーモインナーを熱湯で再成形する >>