<< ハエとり紙 午前中は医者をはしご >>
開田高原マイア
先週の木曜日、先シーズンの終わりに行った時にもらえたリフト無料券を使ってマイアスキー場へ行ってきました。ゲレンデはガラガラ、天気はポカポカ。気持ちいかったです。

a0133014_20113086.jpg

スッテップソールと普通の板の2台を持っていって乗り比べてきました。
キャンバーが強くフレックスも硬めのステップ板(175cm99/68/84)はしっかり板に乗っていないとうまく回ってくれませんが少しサイドカーブがついているのでカービングターンもそこそこできました。ずらして滑ってみたり、スラロームのストレートのポールがセットしてあったのでステップ板でくぐったりしました。
もう1台はアトミック(170cm106/72/97.5)、一応カービングスキー。センター72mmは今では細板の部類?
ステップ板から乗り換えるとよく滑ってよく切れる。スラロームではテンポを速くして滑らないと遅れてコースアウトしてしまいました。
どっちも楽しいですがステップ板の良さはやはり軽さ、普通板のアトミックは切れの良さ。それぞれ板の良さが感じれました。

もう一つはチリのバネの固さを変えて滑ってみました。最ユルだと、特に急斜面では膝を板に打ちつけたり板が左右にぶれたりしましたが、そこからもう少し強くしたところがちょうどいい感じに思えました。強く締めすぎると踵が引っ張られる感じでステップ板には合わないように思いました。
初歩的な知識かもしれませんが、チリのようなむき出しのバネとカートリッジ式のバネとでは何か構造上の違いがあるのでしょうか。詳しい方がおみえになりましたら教えてください。

昼からは雪が腐ってきてベントが強いステップ板はトップが引っかかりだしたので早めに切り上げました。帰りは日和田回りで41号で帰りました。

帰り道、道草して高根村の超秘湯、塩沢温泉湯元山荘に寄りました。
ストックと、タオルは首に巻きつけ雪の坂道をラッセルすると川向うに建物が見えてきます。
a0133014_2374726.jpg

雪が詰まったやばい木製の橋をそろそろ渡り、屋根からのデブリの雪壁を乗越して岩風呂へ下り、薄いエメラルド色の濁ったお湯を見て手を入れただけで入るのはやめにしました。( 夏の時期はなかなかいいです。 緑色は微生物の作用でしょうか?)塩沢川の沢登りも夏にやってみたいと思いました。
a0133014_23442671.jpg

小腹が空いて寄った41号から折れる金山線のヤマザキデイリーストアで食べた肉まん、うまかったっす。
[PR]
by faggio | 2012-03-31 23:44 | Comments(0)
<< ハエとり紙 午前中は医者をはしご >>