<< ウチにキター 金華山 達目洞 >>
達目洞の自然
先回金華山へ行った時のこと。
達目洞の駐車場に「達目洞ヒメコウホネ特別保全地区」と書いた案内板がありました。
なんでも貴重な生物や自然が残るところとだとあります。
a0133014_18325760.jpg
「ぎふネイチャーネット」HPから引用
 達目洞(だちぼくぼら)は金華山の東山麓に位置しており、昔ながらの里山の自然を今に残しています。達目洞には、金華山を水源とする清らかな水が湧き出して逆川(さかしまがわ)となり、この清流にヒメコウホネが可憐な黄色い花を咲かせています。
 達目洞にはヒメコウホネのほかにも、コクロオバボタルやモリアオガエル、ナガボノアカワレモコウ、ノハナショウブなど多くの貴重な動植物が生息・生育しており、市内で最も生物多様性が高く、重要な自然環境を有する地域の一つといえます。
どんなとこだろうとちょっと歩いてみました。上にはよく使う鵜飼大橋から来る立派なトンネルの出口が走っています。その下に逆川が流れており木道が整備されていました。こんなとこがあるとは知らなんだ。
a0133014_19211467.jpg
木道から流れの速い川の中をよーく見ると、見つけました。ヒメコウホネの黄色いかわいい花が流されそうになりながらいくつも咲いています。水量の少ない時だと水面から顔を出してくれているのでしょうか。
a0133014_19283746.jpg
他にも何かないかと周りを歩きましたが、ザリガニとアメンボくらいしか見つけられなかった。
何も知らなければ通り過ぎてしまうようなところですが、岐阜市内にもこういう所があるのですね。

環境問題と言われていますが、子供の頃は近くに行けばザリガニ、アメンボやらゲンゴロウやドジョウやメダカ、たまに
タガメやらナマズのちびを捕ってきて家で飼っとった。こういう自然が保全されているからワシに何か直接的なありがたみがあるとは感じないのですが、既に上には道路が跨いで走っていますし、環境の保全と開発の極端を同じ場所で見ると、昔は普通だった事もやはりこの先このままでええのかしらんという気にもなります。
[PR]
by faggio | 2009-08-06 22:28 | Comments(0)
<< ウチにキター 金華山 達目洞 >>