<   2014年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
石徹白川支流倉谷「天の岩鉾」
10月26日(日)、先週に続き今週もまた石徹白に行ってきました。今回は石徹白川の支流、倉谷からカンバタ谷、神鳩避難小屋を周回するルートです。目的が沢登りなのは当り前ですが、他にもう1つ、昔、倉谷本流とカンバタ谷分岐辺りの尾根上にあったといわれる「天の岩鉾」を探し出すことです。
「天の岩鉾」とは北美濃地震(1961年)の時に崩れ落ち、それ以来、未だに見つかっていない岩のことで、高さ10mほどもあって、昔は遠足などでも行かれていたようです。

「白山神駈道の風露草」 こちらに詳しいことが載っています。

倉谷の本流と別れ、カンバタ谷に入ってすぐにある大滝
a0133014_15152056.jpg

大滝を過ぎて少し行くとなぜか赤布が?
昔は「天の岩鉾」まで道があったらしいですが、何のための赤布か?である。
a0133014_15152779.jpg

赤布の場所から尾根に取り付き、高度を保ちながらヤブのトラバース。
下の斜面をふと見るとなぜかススキの生えた開けた場所が・・・、ふむ、怪しそう。
a0133014_15153595.jpg

ヤブを払い下りていって探してみると一升ビンが、ますます怪しい。
a0133014_15154393.jpg

何か他にも出てくるかも。
a0133014_1516241.jpg

一升ビン3本に朽ちた缶詰に変なガラス容器
a0133014_1516893.jpg

これは何かのボンベ?いや爆弾か?
a0133014_15161592.jpg

木材のよなものにワイヤーロープ
a0133014_1747778.jpg

イシハラさんは変な虫も見つけた。名前は何だ?
a0133014_1523017.jpg

いろいろ出てはくるが、肝心の岩鉾の跡が見つからない。
何でもいいから岩を探せ!岩だ、岩を探すんだ!

怪しい岩 その1
a0133014_15162289.jpg

その2
a0133014_15162862.jpg

全く確信が持てないままススキの原を後にする。
a0133014_15163779.jpg

再びカンバタ谷、赤布の所へ戻った。
a0133014_15164350.jpg

家に帰り「白山神駈道の風露草」の記事の写真をもう一度見てみた。わしらの探していたススキの原とはどうも様子が違う。ススキの原にあったのは山仕事か何かの小屋跡で、地図の丸で囲ってある場所からするとわしらもいい所まではいっていたが、実際はもう少し上だったようだ。(たぶん?)
本編 石徹白川倉谷からカンバタ谷を歩く
[PR]
by faggio | 2014-10-30 19:30 | Comments(2)
石徹白川倉谷 岩のコレクション
石徹白川の支流、倉谷からカンバタ谷を歩いてきました。
先週よりより紅葉もさらに見頃になってとても美しい谷でした。普段見られない面白い岩もたくさん見られました。
(1つ目わし、2つ目からイシハラさん撮影)

がおろさんによると、だいぶん前に恐竜の足跡の化石をこの谷で見つけて調査が入ったと聞きました。下の写真も木の化石と言われればそんな気がしなくもないですが、木は木でも気違いでしょう。
a0133014_6462251.jpg

a0133014_6463021.jpg

a0133014_6463849.jpg

a0133014_6464918.jpg

[PR]
by faggio | 2014-10-28 22:45 | Comments(0)
石徹白川 母御石谷を歩く
日時 : 10月18日(土)
天気 : 快晴
メンバー : がおろさん、ツトムさん、トッチャンさん、わし

石徹白川の支流、母御石谷を歩いてきました。メンバーは今回初めてご一緒するツトムさん(ブログの記録を時々参考にさせてもらっています)、トッちゃんさん?のお二人、そして久しぶりにがおろさんです。今年は腰を悪くしてからがおろさんとはなかなかご一緒できずにいましたが、そろそろどうや?と誘っていただき久しぶりに石徹白の谷に出かけてみることにしました。

7時に石徹白大杉の駐車場に着くとツトムさん、トッチャンさんのお二人はすでに沢の装備をしてわしらを待ってみえました。わしらも準備をして出発。大杉林道の終点手前、母子石橋まで行く途中で大滝の横を通ると2年前、何度も石徹白に通って笠羽谷や本谷、願教寺谷など歩いた事を思い出しました。

出合いに着いてオシメ(ハーネス)装着。ねじって上手く着けられず時間が掛かる。今日が初対面のトッチャンさんが手伝ってくださった。この歳になって女性にオシメをあててもらってヒデキ感激!余談だがオシメのことをオムツともいうが、うちのばあちゃんはムツキといっていた。襁褓(むつき)

谷に入って暫くはゴーロ続きで小ナメが2,3あるくらい。立派なカツラの大株を過ぎると紅葉した葉っぱがちらほら。1時間半ほどで前半のハイライト、ゴルジュと3~4mの滝がいくつか続く所へ出る。先頭のがおろさんが飛沫を浴びて滝を登る。次にわし、腰辺りまで濡れて震えました。次トッチャンさん。何度かトライするが難しく、巻くこともできるが執念で岩に食らいつく。ロープを出してクリア。トッチャンさん、相当に負けす嫌いと見た。ツトムさんは当然楽勝でクリア。この辺りから紅葉も見頃になり楽しく登る。

ゴルジュを過ぎて中間のあたりまで来ると開けた明るい沢になる。途中がおろさんが「白いプール」と名前を付けた所があった。皆息を殺して水面を覗き込む。シークレットライフとでもいうのか、石徹白の無垢なる世界があった。
神鳩避難小屋への沢を見送り、ネマガリタケが沢を覆い始めて1時間くらい、中途半端なヤブを漕いで12時ちょうどに登山道に出ました。

母御石へは10分ほどで着く。珍しく1時間のんびり休んだ。がおろさんが淹れたコーヒーをいただく。トッチャンさんにも柿の葉寿司などいただく。困ったことにわしが山へ持って行く食料といえば家にある賞味期限が切れているか、切れそうなものから持っていくので、柿の葉寿司のお返しは賞味期限切れの千葉のピーナッツ最中を差し上げた。下りる前にもう一度母御石に登り、尾上郷川別山谷、ブナゴヤ谷を見て下る。

一番気にしていた腰もどうにかここまでもってくれ、あとは下るのみ。ストレッチを十分にしてから下る。普通に下っても登山道の下りは早く、14時半過ぎに駐車場着。登山口脇の水場で顔を洗い、まだ時間も早いので下道を走って帰った。

がおろさんの記録(こだわりの遡行図あり)
ツトムさんの記録


a0133014_2131785.jpg

a0133014_21313621.jpg

a0133014_2132857.jpg

a0133014_21321970.jpg

[PR]
by faggio | 2014-10-23 23:50 | Comments(2)
アゲハ蝶の変態ショー
先週木曜日、家のコンクリート塀にアゲハの幼虫がいるのを見つけました。
10時頃に見た時はまだ体をくねらせていましたが、3時すぎに見ると前蛹になっていました。
a0133014_18293680.jpg

翌朝にはもう蛹になっていました。
a0133014_18323277.jpg

一週間経って今日木曜日もまだ蛹のままです。このまま越冬するのでしょうか?
a0133014_18364142.jpg
蛹の中では体の作り変えのために一度筋肉が溶けてどろどろの状態になり、また新しい筋肉へと作り変えられているのだそうです。(蛹の中で何が起こっているのか

軽くツンツンしても動きません(当たり前)。中はどんなどろどろ具合なんでしょうか見てみたいです。
[PR]
by faggio | 2014-10-16 15:41 | Comments(0)
箱根旅行と台風18号
台風18号が予定していた箱根強羅旅行の日と当たってしまいました。
一泊して2日目、宿の外はひどい雨と風。10時すぎに台風が通過したようで、その後は晴れ間も見えてきました。
a0133014_8415483.jpg

箱根神社
a0133014_842527.jpg

本殿横にある九頭竜神社の龍神水
a0133014_8421335.jpg

a0133014_842227.jpg

箱根関所跡 「入り鉄砲に出女」
a0133014_8423377.jpg

恩賜箱根公園 馬酔木のトンネル
a0133014_8424286.jpg

a0133014_8425276.jpg

東名高速が通行止めだったので1号線を走って帰る。
沼津漁港に寄って遅い昼食 金目鯛の煮つけと海鮮丼
a0133014_843127.jpg

日が暮れる頃富士川を渡る。高速はまだ開かずここから渋滞。
a0133014_8431182.jpg
家に着いたのは午前0時を回っていました。
[PR]
by faggio | 2014-10-13 09:33 | Comments(0)
10ホールズハーモニカ
かみさんと旅行に行ったときに浜松でハーモニカを見つけました。
帰ってからネットなどで調べて買えばいいと思いますが、そんな頃にはどうせ買う気が失せているので、見つけた時が買い時、すぐ買いました。
a0133014_965987.jpg

帰って箱を開けるときらきら光ってきれいです。吹いてみると思ったよりも大きな音が出ました。夜に遠慮して小さい音で吹いていると、蛇が出るとかみさんに言われました。口笛じゃないんだけど?ドレミファと吹きますが単音できれいな音を出すのが難しいです。
[PR]
by faggio | 2014-10-10 09:10 | Comments(0)