YouTube
見始めるときりがない。



超絶ギターテク、パコデルシアのガットギター、アルディメオラのピック奏法 、100回聞いてもいい。




マイケル・ジャクソンもマイルス・デイビスももういないけど、”king”と”帝王”
(わしもカラオケでたまに帝王)
[PR]
# by faggio | 2009-08-20 00:35 | Comments(0)
盆休み
お盆休みの最後は知人宅へ新築のお祝いに。
新居の近くのフレンチの店に集合してビールとワイン、贅沢なランチをいただく。

*雲丹とニンジンのムースのカクテル
*白身のカルパッチョ、ホタテとジャガイモのガレット、海ブドウとイカのマリネ?っぽいもの三種盛り
*トウモロコシの冷製スープ
*メニューにある中からメインをチョイス。鴨のコンフィ、鯛のポアレ、わしは仔羊のロティをいただく。

味も濃くなく量も普通だったけど飲んでいたので全部食べるのはえらかった。
デザートのカスタードクリームのクレープとコーヒーを飲んでごちそうさまでした。

大通りを渡ってすぐの新居を案内してもらう
a0133014_2254482.jpg
a0133014_22552879.jpg

いつものこと乍ら勝手知ったる人の家。冷蔵庫をあけてビールを何本かいただきました。シャンパンもあるよとすすめていただいたが、酒があれば何でもいいわしには勿体ないので遠慮する。有閑マダムが5人とオッサンわしひとりなので、することもなくビール片手にうろうろ。

a0133014_2383837.jpg
a0133014_2385921.jpg
ガレージのトヨタ2000GTの素晴らしいデザインに見入ってしまった。その頃のジャガーやメルセデス、フェラーリならともかく、隣に並んだ最新のポルシェがかすんで見えた。今の車に替える前の10年大事に乗った190Eもいい車だったな。

いつ終わるともわからん奥様方の会話に飽いてビールがすすむ。
男のわしにはわからんが、今の世の中夫婦でも民主主義なんだからお互いよく話して、うまくやってよとは言えなんだ。そんな簡単なことで済む話ではないらしい。

ちょっと違うけど、「チューリップ」が「虹とスニーカーの頃に」の中で”わがままは 男の罪 それを許さないのは 女の罪~”と歌ってたのを思い出した。それぞれ言い分はあるけれど、主張ばかりしてても進まんし、勝った負けたでもないし、わしもあれこれ考えるのが面倒くさくなってしまって、あまりしゃべらずにしこたま飲んだ盆休み最後の一日でした。
[PR]
# by faggio | 2009-08-18 02:18 | Comments(0)
「カッコーの巣の上で」
患者を統治しようとする精神病院に反感を持った主人公が、回りの患者を巻き込んで、海へ行き船を盗んで、女を呼んで酒を飲み、病院に対して反抗を繰り返すうち問題行動ありとされ、電気ショックを受け、最後はロボトミー手術によって廃人にさせられてしまう。体制から逃れるどころか、自分が死ぬことになってしまったというお話。
精神障害者を預かる病院は患者を統制して、おさえつけておくことが管理するのに楽だろうし、今では個人の尊厳だとか言われているが、この時代には当たり前だったのでしょう。同意も得ずにされたロボトミー(日本でも過去に何万例もあったらしい、前頭葉を脳のその他の部分から切り離す手術)で人格を変えたり、廃人同様にするのは極端なことだとしても、向精神薬でグデグデにしてしまうのも抑え込むことでは同じようなことにも思える。そうかといって放っておくわけにもいかんし、わしにはよくわからん。
映画の中では、おれはここがいいと自主的に入院している何人かは、精神病院の檻の中が彼らの社会で、自分の居場所のある落ち着ける場所なのだろうか。一般社会で暮らしてる私らも、色々な制約のなかでも社会性をもって暮らしていて、置かれている状況は違うが、そういうことでは同じことを課せられているようにも思える。そうなると異常も正常もおんなじようなことで訳がわからなくなってしまった。
[PR]
# by faggio | 2009-08-17 11:31 | Comments(0)
映画2本
「ダンサー・イン・ザ・ダーク」

なんの予習もなしに見ましたが、これはわし好みでした。前半のたらたら進んでいく感じと、意図してるのでしょうがカメラがブレるのが気になりました(普通に撮ったらあの感じは出ないのかもしれませんが)。主人公が不条理な現実に直面するといつも、逃れるように空想の中でダンスをするのもミュージカル映画というより、彼女の心情がよくわかってよかった。殺しの場面から、死刑台の最期までまったく目が離せない。今度はビールを飲みながらではなく、もう一度じっくり見てみたい。


「地獄の黙示録」

かなり難解な映画。ヘリが飛んで、ドンパチやってるベトナム戦争の映画とはちょっと違っていた。戦争体験のないわしには当事者の心理がどんなものなのか想像がつきませんでした。
[PR]
# by faggio | 2009-08-12 12:53 | Comments(0)
芋、栗、南京
オナゴはすべからく芋、栗、南京。
a0133014_063674.jpg
借りてきた映画を飲みながらみているわしに、うまいから食べてみーと女房がすすめてきた。
ビールには合わないけどなかなかうまい。
[PR]
# by faggio | 2009-08-11 00:19 | Comments(0)
ウチにキター
オリエンタル系切レ長美眉ムスメ?a0133014_2049557.jpg













ボッコカラ コレニ替ヘルト チト落チ着カン 電気ヂカケニ 戸惑フワシ     拙作

帰って来た女房に「コンセントつないでないから乗れんよ」と言ったら信じとった。
今日からよろしうたのんますよ。
[PR]
# by faggio | 2009-08-07 20:51 | Comments(2)
達目洞の自然
先回金華山へ行った時のこと。
達目洞の駐車場に「達目洞ヒメコウホネ特別保全地区」と書いた案内板がありました。
なんでも貴重な生物や自然が残るところとだとあります。
a0133014_18325760.jpg
「ぎふネイチャーネット」HPから引用
 達目洞(だちぼくぼら)は金華山の東山麓に位置しており、昔ながらの里山の自然を今に残しています。達目洞には、金華山を水源とする清らかな水が湧き出して逆川(さかしまがわ)となり、この清流にヒメコウホネが可憐な黄色い花を咲かせています。
 達目洞にはヒメコウホネのほかにも、コクロオバボタルやモリアオガエル、ナガボノアカワレモコウ、ノハナショウブなど多くの貴重な動植物が生息・生育しており、市内で最も生物多様性が高く、重要な自然環境を有する地域の一つといえます。
どんなとこだろうとちょっと歩いてみました。上にはよく使う鵜飼大橋から来る立派なトンネルの出口が走っています。その下に逆川が流れており木道が整備されていました。こんなとこがあるとは知らなんだ。
a0133014_19211467.jpg
木道から流れの速い川の中をよーく見ると、見つけました。ヒメコウホネの黄色いかわいい花が流されそうになりながらいくつも咲いています。水量の少ない時だと水面から顔を出してくれているのでしょうか。
a0133014_19283746.jpg
他にも何かないかと周りを歩きましたが、ザリガニとアメンボくらいしか見つけられなかった。
何も知らなければ通り過ぎてしまうようなところですが、岐阜市内にもこういう所があるのですね。

環境問題と言われていますが、子供の頃は近くに行けばザリガニ、アメンボやらゲンゴロウやドジョウやメダカ、たまに
タガメやらナマズのちびを捕ってきて家で飼っとった。こういう自然が保全されているからワシに何か直接的なありがたみがあるとは感じないのですが、既に上には道路が跨いで走っていますし、環境の保全と開発の極端を同じ場所で見ると、昔は普通だった事もやはりこの先このままでええのかしらんという気にもなります。
[PR]
# by faggio | 2009-08-06 22:28 | Comments(0)
金華山 達目洞
達目洞から金華山を歩いてみました。

沢ではありませんよ、岩戸公園へ続く林道
a0133014_211116100.jpg

a0133014_21113873.jpg

すごい水量だけど濡れても気にせずバシャバシャと歩く。
靴の中へ浸水するも、歩いているうちなんだか楽しくなってきた。
コースもよくわからんので、案内板を見ながら適当に尾根に出て帰りは違うコースで達目洞へ。

西山から金華山へ続く尾根(達目洞より)
a0133014_2223062.jpg


岐阜公園からのコースと違って、こちらは静かで落ち着いていい感じでした。
[PR]
# by faggio | 2009-08-05 22:08 | Comments(0)
金華山 岩戸公園から
梅雨が明けたようだ。

たまの雨なら一日家にいて、なんにもせずにいるのも好きだけど、こう長々と続いてはいやになってしまう。
早く梅雨が明ければいいと思っても、週間予報に晴れマークがズラーっと並んでいるのもこれまたかなわん。
しかしやっぱり早くスカッとした夏が来てくれと、身勝手なもんです。

先日、梅雨の合間の晴れた暑い日に、始めは木曽川と思っていたが、日差しは強いし遮る木もないと、岩戸公園から金華山を往復してきました。
a0133014_10344525.jpg
歩きはじめて日野からの道と合わさるまでは、たびたびの雨で足下がぬかるんで滑りやすい。
付き合ってもらったマユゲ嬢は普通のスニーカーをはいてきていて、滑るわコテコテになるわで往生したらしい。
今度トレッキングシューズを買うので教えてくれと言っておった。

山を歩いたのは去年12月の伊吹山が最後でしたが(何年も履いているのに馴染んでくれん冬靴の慣らしばきで)、
久しぶりの山歩きはやっぱり楽しかった。
[PR]
# by faggio | 2009-08-04 11:15 | Comments(0)
中国みやげその1 香辛料
中国へ行ってきたうちの女房の友人から香辛料が送られてきました。
北京に住む友人(チャイニーズセレブだそう)おすすめのものだということです。
a0133014_18464841.jpg




















何重にも梱包され、最後はジップロックに入れてありました。開けてみると結構な臭い(香り?)にびっくり!
こんなにたくさんどう使えばええんや!と思案中です。
どなたか香辛料、また四川料理に詳しい方、ご教示をお願いします。

内容は以下のとうり

*八角  袋に鼻をあてると外からでも臭う。
*桂皮  これはシナモン?
*六味香料  裏面に八角、桂皮、草果、山奈、花椒、茴香とある。
*花椒(大小二袋)  山椒かな?すって粉にしてあるものと、実のまんまのもの。
*辣椒面  唐辛子か?見るからに辛そう。
*郫具豆瓣  豆板醤のようなものか?これも袋の外からでも相当臭う。

まずはネットで調べて麻婆豆腐作るようにお願いしてみようか。
[PR]
# by faggio | 2009-07-21 20:23 | Comments(0)