人気ブログランキング |
タグ:山登り ( 58 ) タグの人気記事
御嶽山 継子岳、四の池、三の池
ちょっと前の8月初め、御嶽山継子岳に登りました。

御嶽山 継子岳、四の池、三の池_a0133014_1826450.jpg

四の池の幻の大滝は、幻ではなく本当の大滝が落ちていました。

ここは雲上の楽園
御嶽山 継子岳、四の池、三の池_a0133014_18262452.jpg

コマクサの花の時期でした。
御嶽山 継子岳、四の池、三の池_a0133014_18263448.jpg

花は他にもあちこちにいろいろ
御嶽山 継子岳、四の池、三の池_a0133014_18264317.jpg

御嶽山 継子岳、四の池、三の池_a0133014_18265310.jpg

御嶽山 継子岳、四の池、三の池_a0133014_1827171.jpg

四の池から三の池に回って帰りました。
御嶽山 継子岳、四の池、三の池_a0133014_18332352.jpg

昔滑った継子岳のわしらのライン
滑り出しは急すぎて下が見えませんでした。


by faggio | 2019-08-29 18:56 | Comments(0)
鎗ヶ先
2018.11.11(日) 晴れ
わしだけ

午後時間があったので久しぶりに揖斐の鎗ヶ先へ向かう。
何度も登った鎗ヶ先だが、最後は寺谷だったか?

この日は揖斐川マラソンの日でした。

美束の集落に着き、拡幅工事中の道に車を停めて歩き出す。
イノシシ避けの柵が厳重にしてある。

昔歩いた記憶は曖昧で、登山道も断片的にしか覚えがなかった。
尾根を間違えて寺本の方へ下ってしまったことを思い出す。
道中はずっと陽がさして明るく、終わりかけの紅葉の中を気持ち良く歩く。

頂上手前の道はすっかり葉が落ちて冬枯れの道でした。
山頂は刈り払われていて眺めがきくようになっていました。
鎗ヶ先_b0397021_2112681.jpg
14:00発 15:10~15:30山頂 16:20着


by faggio | 2018-11-14 13:03 | Comments(0)
激ヤブ突破して能郷白山 白谷支流谷中谷より
2017年11月5日(日) 晴れ
メンバー :Tsutomuさん、そばつるさん、わし

Tsutomuさんから能郷白山の沢のお誘いがありました。温見峠を下ったところの白谷から登るルートとのこと。
ゴロゴロの沢のような気もしたけど、久しぶりに能郷白山に登ってみたくなり、おつき合いさせてもらうことにしました。

白谷の河原を行き、堰堤を3つ越えると1時間ほどで谷中谷の出合い
激ヤブ突破して能郷白山 白谷支流谷中谷より_a0133014_17105236.jpg

11月にもなるとさすがに水が冷たい
激ヤブ突破して能郷白山 白谷支流谷中谷より_a0133014_1711537.jpg

古い石組みの堰堤
激ヤブ突破して能郷白山 白谷支流谷中谷より_a0133014_17111413.jpg

特に何にもないゴロゴロの谷を行く。
半分くらいまで来た所で奥に何やらいやらしい滝が見えてきた。
激ヤブ突破して能郷白山 白谷支流谷中谷より_a0133014_17112727.jpg

高巻きしようと左岸に取り付くが滝上には復帰できず上へと追いやられる。濡れるの覚悟ならば右側を直登できそうではあったが・・・? 沢は諦め尾根を目指して急斜面をさらに登る。
激ヤブ突破して能郷白山 白谷支流谷中谷より_a0133014_1711365.jpg

尾根はネマガリタケと灌木のミックスヤブ。ランナーズハイのような陶酔感(なったことないので知らんが)、を感じながらの只管のヤブコギ。オッサン3人ともエンドルフィン出まくりだったのだろうか、変な声出す人もいた。
激ヤブ突破して能郷白山 白谷支流谷中谷より_a0133014_17114466.jpg

激ヤブ突破して能郷白山 白谷支流谷中谷より_a0133014_17115220.jpg

とーうちゃこ。一等三角点の山頂
激ヤブ突破して能郷白山 白谷支流谷中谷より_a0133014_17121134.jpg

白山権現の祠のあるほうにも寄ってみました。
激ヤブ突破して能郷白山 白谷支流谷中谷より_a0133014_17122413.jpg

下りは登山道を温見峠へ下り、国道を歩いて白谷の出合いへ戻りました。
何だか計画どおりにはいかなかったけれど、楽しい一日でした。

Tsutomuさんの記録


by faggio | 2017-11-09 18:30 | Comments(0)
点名楢木 1159.2m
前から気になっていた板取の楢木に行ってきました。杉原の集落から正面に見える形のいい山です。
南面に2本入っている右の谷を登りました。思ったよりも植林の谷でしたが、上部はもう少し時期が遅ければ紅葉が良さそうな自然林の山でした。帰りは東尾根を下りました。踏み跡は薄く、がおろ氏の地図読みでズンズンムンムン下ってきました。この山は谷よりも尾根歩きが良さそうに思いました。

2017年10月8日(日) 晴れ
メンバー : がおろさん、Tsutomuさん、わし

川浦谷に向かう時に、いつも渡る橋の所から沢へ下りる。
点名楢木 1159.2m_a0133014_1122224.jpg

おっさんが2匹
点名楢木 1159.2m_a0133014_11223044.jpg

滝はここぐらいでした。土砂に埋まったところが多い。
点名楢木 1159.2m_a0133014_11224095.jpg

沢が伏流して、その横から湧水が流れ出していました。
力水。飲んで生き返りました。
点名楢木 1159.2m_a0133014_1123325.jpg

尾根に出ると歩きやすい。明るいブナの尾根。
点名楢木 1159.2m_a0133014_1123935.jpg

三角点楢木
点名楢木 1159.2m_a0133014_11231825.jpg

おっさんが1匹
点名楢木 1159.2m_a0133014_11232673.jpg

がおろ氏のナビゲーションのお姿。下降尾根は支尾根が複雑な個所もあり。
今度の地図講習会、わしもまた聞きに行こうかしらん。
点名楢木 1159.2m_a0133014_11233595.jpg

下る途中で落ちてたバンビの角は持って帰りました。
点名楢木 1159.2m_a0133014_11234254.jpg

早く下りてきたので岩本洞の入口にある「清流そば」に寄る。この谷もいつか歩いてみたいところです。車で懐かしいQueenをデカい音で鳴らしながら帰りました。“Too Much Love Will Kill You” が中島みゆき/糸となんか似てるかも?と思い聴いてました。もしかしてそう聞こえるのはわしだけでしょうか。


by faggio | 2017-10-12 17:06 | Comments(2)
湧谷山 ニシマタ谷右岸尾根から
10年以上前の冬、山スキーで湧谷山のニシマタ谷を滑りました。
(当時のがおろさんの記録)

わしとナベちゃん
湧谷山 ニシマタ谷右岸尾根から_a0133014_20581449.jpg


今回は遊らんどスキー場からその時と同じ尾根をヤブ尾根覚悟で登り、湧谷山~丁子山と周回してスキー場に下りてきました。堰堤から尾根に取り付くとかすかに道が付いており、ヤブもそれほど濃くはなく、思ったよりもあっさりと回ってこられました。

2017年10月1日(日) 晴れのち曇り
メンバー : わし、滋賀ナンバーのおじさん
ルート・タイム : 堰堤取り付き 11:10 ~右岸尾根854m 12:10 ~湧谷山 13:10~13:25 ~丁子山 13:45 ~遊らんどスキー場トップ 14:45

ルート図
湧谷山 ニシマタ谷右岸尾根から_a0133014_16192174.jpg

わしが駐車場で準備をしていると、丁度スキー場を下ってきた滋賀ナンバーのおじさんがこちらに来ました。登山口が分からず諦めてきたとのこと。少し話をして、付いてってもいいかと訊かれました。わしは別のルートから登るし、ヤブ尾根だと説明しても、おじさんは諦めきれないようで、結局最後まで一緒に歩きました。たまに前を歩いてもらいカメラのモデルにもなってもらいました。頂上に着いた時、スキー場に下りてきた時にはとても喜んでもらえました。

一番奥の堰堤 ここからススキの原をかき分けて堰堤の右の尾根に取り付きました。
湧谷山 ニシマタ谷右岸尾根から_a0133014_2353181.jpg

杉の植林をこえるとこんな感じ。登りやすい尾根です。
湧谷山 ニシマタ谷右岸尾根から_a0133014_23533140.jpg

ニシマタ谷右岸尾根854mはヌタ場のあるちょっとした広場で、ニシマタ谷をはさんで向うに湧谷山が見えました。
湧谷山 ニシマタ谷右岸尾根から_a0133014_2353396.jpg

湧谷山と丁子山の間の登山道に出る間もヤブが続きますが、難儀をするようなヤブではありませんでした。
湧谷山 ニシマタ谷右岸尾根から_a0133014_23534883.jpg

登山道にひょっこり飛び出しました。ヒューヒュー!二人で歓声を上げました。
湧谷山 ニシマタ谷右岸尾根から_a0133014_23535672.jpg

10分かからず頂上にとうちゃこ。おじさんにはえらい感謝されました。
湧谷山 ニシマタ谷右岸尾根から_a0133014_235458.jpg

丁子山の若いブナ林
湧谷山 ニシマタ谷右岸尾根から_a0133014_23541586.jpg

下っていく途中、右手の樹間にたまにソムギ、コソムギが見えました。
湧谷山 ニシマタ谷右岸尾根から_a0133014_23542331.jpg

スキー場に出る手前にあった大ケヤキ
湧谷山 ニシマタ谷右岸尾根から_a0133014_23543451.jpg

追憶のゲレンデ 遊らんど坂内
湧谷山 ニシマタ谷右岸尾根から_a0133014_23545572.jpg

少し秋っぽいススキのゲレンデを下りました。
おじさんには名前も何も聞かなかったけれど、最後にあいさつだけして帰りました。


by faggio | 2017-10-04 16:27 | Comments(2)
各務原アルプス縦走
白山の南北スキー縦走の翌週、ちょうど疲れがとれた頃、いつものがおろさんと各務原アルプス(関南アルプス)の低山トレイルを縦走してきました。
スタートは蘇原自然公園すぐの伊吹の滝駐車場~各務原権現山~芥見権現山~江南関線を横断~金山~明王山~猿啄城址~坂祝駅のルートです。坂祝駅からはJRに乗って蘇原駅に戻り、スタートの伊吹の滝まで里山の道をてくてく歩いて帰りました。(歩行距離のトータルは20kmくらいあったようです)
がおろさんのガイド本の取材もあり、写真を撮りながらのんびりペースで正味の登山は8時間くらい。それから坂祝駅近くの「喫茶 なかよし ひまわり たんぽぽ」でのビールを飲んでのお疲れさん会と、電車と徒歩の移動時間を合わせてもちょうどいい時間に帰ってこれました。

がおろさんの記録 Long trail running

6時半に伊吹の滝不動明王をスタート
権現山まではたくさんの人に会いました。
各務原アルプス縦走_a0133014_2056564.jpg

各務原権現を下ったところから東の方角を望む
各務原アルプス遠望
各務原アルプス縦走_a0133014_2057471.jpg

ボルダーをみつけて遊ぶI氏
各務原アルプス縦走_a0133014_20574336.jpg

迫間不動まで北コースを歩きました。
よく手入れがされた明るいコースで、眺めも抜群です。
各務原アルプス縦走_a0133014_20575312.jpg

明王山でコーヒーを沸かしてまったりしたあと下っていくと、いよいよ鵜沼、犬山の木曽川の景色が見えました。
各務原アルプス縦走_a0133014_20581352.jpg

本日のハイライト 「喫茶 なかよし ひまわり たんぽぽ」
各務原アルプス縦走_a0133014_20583961.jpg

猿啄城址のある城山をバックに坂祝駅
各務原アルプス縦走_a0133014_20584967.jpg

蘇原駅からツブラジイやヒトツバタゴの咲く道を歩いて戻りました。
by faggio | 2017-05-20 00:00 | Comments(6)
御嶽山 摩利支天山 2959.5m
濁河から飛騨小坂へ下る途中より御嶽遠望
中央の右上する尾根が摩利支天山に続く北西尾根
御嶽山 摩利支天山 2959.5m_a0133014_22215577.jpg

初めてご一緒させていただいたマツバラ氏が5年も前から温めていたというのが今回の摩利支天北西尾根ルート。取り付きからの原生林と森林限界を越えてからの草木谷源頭の広大斜面、そして摩利支天の頂へと続く雪の尾根と岩稜が印象的な素晴らしいコースでした。

2017年4月2(日) 快晴
メンバー : マツバラ氏、がおろ氏、わし
ルート : 濁河温泉~北西尾根~摩利支天山往復

雰囲気の良い原生林の中を登行する。
御嶽山 摩利支天山 2959.5m_a0133014_14423822.jpg

森林限界を越えると素晴らしい絶景
御嶽山 摩利支天山 2959.5m_a0133014_14432135.jpg

尾根の途中より左の斜面にルートをとる。
御嶽山 摩利支天山 2959.5m_a0133014_14425871.jpg

草木谷右俣源頭、遠くに乗鞍岳
御嶽山 摩利支天山 2959.5m_a0133014_14433367.jpg

摩利支天の岩稜が始まる手前でスキーをデポ。ここからアイゼン、ピッケルに替える。
御嶽山 摩利支天山 2959.5m_a0133014_14435126.jpg

岩稜帯の下を巻いて行く
御嶽山 摩利支天山 2959.5m_a0133014_1444739.jpg

雪壁を越えて
御嶽山 摩利支天山 2959.5m_a0133014_14442118.jpg

まっちゃん
御嶽山 摩利支天山 2959.5m_a0133014_14443766.jpg

わし
御嶽山 摩利支天山 2959.5m_a0133014_14445089.jpg

そして摩利支天山
御嶽山 摩利支天山 2959.5m_a0133014_1445526.jpg

草木谷右俣源頭にテレマークのシュプールを刻んだ(のはガオロ氏)
御嶽山 摩利支天山 2959.5m_a0133014_14451895.jpg

わしはどこかが狂っていてスキーにならず。
御嶽山 摩利支天山 2959.5m_a0133014_14453819.jpg

御嶽山 摩利支天山 2959.5m_a0133014_14455313.jpg

御嶽山 摩利支天山 2959.5m_a0133014_1446790.jpg

スキーに興味のないマツバラ氏は下りもなんとシールを取らずに下っていかれた。こんな人は初めてでびっくりしました。わしの下手なスキーより十分早く下っていかれた。
御嶽山 摩利支天山 2959.5m_a0133014_21105833.jpg

今思い出しても夢のような気がします。わしら三人は確かに濁河温泉から摩利支天山の北西尾根をスキーで辿り、御嶽の摩利支天山の絶頂を往復したのに、まだ今も遠い夢だったように思えます。久しぶりの印象的で充実の一日でした。

がおろさんの記録
マツバラさんのヤマレコ
by faggio | 2017-04-05 22:30 | Comments(0)
養老 象鼻山サイクリング
先日、鈴鹿へ沢登りに行った行き道で、Tsutomuさんに教わった象鼻山142mへ行ってきました。
養老SAのすぐ北向かいの山で、山頂には古墳群があるとのことで、手頃な距離なので自転車で往復しました。

杭瀬川に架かる水都大橋
大垣は水の都、いくつか橋を渡りました。
養老 象鼻山サイクリング_a0133014_20293325.jpg


正面が象鼻山、右方向に南宮山、左が養老山地
この日は向かい風によく煽られました。
養老 象鼻山サイクリング_a0133014_20294856.jpg

自転車を置いて、車が通れそうな道を歩いて、頂上まで15分くらい。
頂上付近には62基の古墳があるとのことです。

1号墳 前方後方墳
この地方は前方後円墳は少なく前方後方墳が多いらしい。
養老 象鼻山サイクリング_a0133014_19494881.jpg

帰りは牧田川の堤防を気分よく走って、追い風参考記録で家まで1時間とちょっとでした。


by faggio | 2016-12-01 21:54 | Comments(2)
夜叉ヶ池から三周ヶ岳、三国岳
2016年10月2日(日) 晴れ時々曇り
メンバー:がおろさん、わし (岐阜テレマーク倶楽部)
タイム:登山口7:00 夜叉ヶ池8:40 三周ヶ岳9:50 夜叉ヶ池11:00 三国岳13:10 夜叉ヶ池15:30 登山口16:30

がおろさんのガイド本の取材に同行しました。
夜叉ヶ池からダブルヘッダーで三周ヶ岳と三国岳をそれぞれ往復しました。

登山道をゆっくり夜叉ヶ池へ登りました。
池ノ又谷をはさんで夜叉壁の全容
夜叉ヶ池から三周ヶ岳、三国岳_a0133014_1252407.jpg

この日は水流が多い昇龍の滝
登れるかも?とがおろさん。沢屋さんは視点が違う。
夜叉ヶ池から三周ヶ岳、三国岳_a0133014_12525976.jpg

夜叉ヶ池へは寄らず三周ヶ岳へ向かいました。
三周ヶ岳への道は前来た時よりもササに覆われていましたが、踏み跡ははっきりしていた。
夜叉ヶ池から三周ヶ岳、三国岳_a0133014_12532553.jpg

三周ヶ岳の一等三角点
ヤブで眺めもきかないので早めに下りにかかる。
夜叉ヶ池から三周ヶ岳、三国岳_a0133014_12533429.jpg

ナナカマドの実だけ赤くなっていて少し秋っぽい。
ヤブを歩くと汗と朝露とで全身ぐっしょり濡れました。
夜叉ヶ池から三周ヶ岳、三国岳_a0133014_12535428.jpg

夜叉ヶ池へ戻る。
ここから後半戦、三国岳へ。
夜叉ヶ池から三周ヶ岳、三国岳_a0133014_1254451.jpg

1206mまでは以前沢登りで来ていて、踏み跡がしっかりしていることは分かっていましたが、そこから先は未知。
池ノ又谷から1206m峰と夜叉ヶ池
夜叉ヶ池から三周ヶ岳、三国岳_a0133014_12575419.jpg

1206mでコンパスを合わせました。踏み跡はやっぱり怪しくなってきました。
鞍部へ下る途中、きれいなブナの林がありました。
夜叉ヶ池から三周ヶ岳、三国岳_a0133014_12542247.jpg

かすかな踏み跡があったりなかったり、ヤブを漕いだりを繰り返して三国岳にとーちゃこ。
ここは展望が利いて、午前中に登った三周ヶ岳が遠くに見えました。
夜叉ヶ池から三周ヶ岳、三国岳_a0133014_1255591.jpg

踏み跡を外さないように戻りましたが、やっぱりヤブにつかまり時間がかかりました。
ずっとこの写真くらいならハイウエィーレベルで問題なしですが。
夜叉ヶ池から三周ヶ岳、三国岳_a0133014_12582236.jpg

帰りに夜叉ヶ池に寄りました。
わしらだけの静かな夜叉ヶ池で少し休んでから下りました。
夜叉ヶ池から三周ヶ岳、三国岳_a0133014_12583571.jpg

がおろさんの記録 薮山入門三周ヶ岳1292mと三国岳1209m



by faggio | 2016-10-09 15:32 | Comments(0)
蠅帽子峠 蠅帽子川 蠅帽子嶺
山と渓谷社から出ている分県登山ガイドの「岐阜県の山」の改訂版の取材の同行をがおろさんから頼まれ、文中の写真のモデルも一緒に頼まれ、美越国境の蠅帽子峠と蠅帽子嶺に登ってきました。しかし、わしともう一人同行のTsutomuさんが写真のモデルに耐えうるのかどうなのかはビミョウであった。ザックにヘルメットをぶら下げ、汚れた格好をして、どう見ても普通の登山者ではなかったからである。
蠅帽子峠は美越国境の温見峠から東の峰続きにあり、水戸天狗党が越えたかつての官道であったそうな。そんな歴史もあり往復するだけでも面白そうではあるが、わしらは越前側へ完全峠越えをして蠅帽子川まで下り、今度は蠅帽子川を沢登りで蠅帽子嶺に立ち、再び美濃側へ下ってくるというルートをとりました。
心配したのは、峠からむこうの越前側の道ですが、薮漕ぎを覚悟していましたが、それも杞憂に終わり、所々木枝が被ってはいるものの、美濃側と遜色ない道が残っていました。

2016年9月25日(日) 曇りのち晴れ
メンバー:がおろさん、Tsutomuさん、わし (岐阜テレマーク倶楽部)

朝イチ、蠅帽子への道はまず根尾川の渡渉から
台風あとで水量多い。一番で渡ったわしは流れの早い浅い所を渡って流されそうになってびびる。帰りの渡渉のことを思うとたまに憂鬱な気分になった。
蠅帽子峠 蠅帽子川 蠅帽子嶺_a0133014_2020368.jpg

渡渉のあとは急傾斜にジグザグのきってある道を登る。葉っぱに乗った前日の雨でびしょ濡れになる。
蠅帽子峠 蠅帽子川 蠅帽子嶺_a0133014_20205665.jpg

洞ミズナラと何度もここを歩いているTsutomuさん
蠅帽子峠 蠅帽子川 蠅帽子嶺_a0133014_20211675.jpg

勾配がなくなってからの尾根は親ブナ、子ブナのみごとなブナの原生林がありました。
蠅帽子峠 蠅帽子川 蠅帽子嶺_a0133014_2021273.jpg

根上がりのヒノキ
蠅帽子峠 蠅帽子川 蠅帽子嶺_a0133014_20213748.jpg

蠅帽子峠のお地蔵様
蠅帽子峠 蠅帽子川 蠅帽子嶺_a0133014_20215145.jpg

蠅帽子峠でヘンなおじさん
蠅帽子峠 蠅帽子川 蠅帽子嶺_a0133014_20223078.jpg

峠からの越前側の道
下草もなく大幅に時間短縮できた。
蠅帽子峠 蠅帽子川 蠅帽子嶺_a0133014_202371.jpg

蠅帽子川までの下りは40分くらい。川沿いに古い登山道の標識。
蠅帽子峠 蠅帽子川 蠅帽子嶺_a0133014_20232130.jpg

蠅帽子川東カスミ谷
蠅帽子峠 蠅帽子川 蠅帽子嶺_a0133014_20233371.jpg

傾斜が増すと滝の連続
蠅帽子峠 蠅帽子川 蠅帽子嶺_a0133014_2024640.jpg

マムシ君とお見合い
蠅帽子峠 蠅帽子川 蠅帽子嶺_a0133014_20241728.jpg

連瀑
蠅帽子峠 蠅帽子川 蠅帽子嶺_a0133014_20243065.jpg

連瀑劇場
蠅帽子峠 蠅帽子川 蠅帽子嶺_a0133014_202459100.jpg

水流が涸れてからヤブの斜面を登って蠅帽子嶺の西の登山道に出る。

蠅帽子嶺着
ここから見る能郷白山は奥美濃の盟主にしては隣の山とあんまり代わり映えしなかった。峠へ戻り美濃側へ下りました。
蠅帽子峠 蠅帽子川 蠅帽子嶺_a0133014_20251275.jpg

帰りの根尾川西谷川の流れ
蠅帽子峠 蠅帽子川 蠅帽子嶺_a0133014_20253385.jpg

参考 : 蠅帽子峠 地図


by faggio | 2016-09-27 23:59 | Comments(0)